山梨県訪問入浴の就職・転職先を探す方法は?

  • 山梨県訪問入浴の求職をする場合、学生であれば、就職指導課で相談しながら、学校に来る求人票を見ることができます。

    卒業生が多く採用されているような施設であれば、先輩から施設の情報を聞き職場を選ぶよい材料になります。

    実習中も、その職場をのぞくいいチャンスです。

    どんな職員がいるのか、勤務体制はどうなのか知ることができます。

    実習先が実習生を気にいって、就職しないかと声をかけられることもあります。

    求人
    すでに、卒業している人や転職で介護士の求職をする場合は、ハローワークや福祉人材センターに登録して仕事を探したり、インターネットで求人を探すなどさまざまです。

    ハローワークでは、福祉職を希望している人のためのセクションが用意されている所もあります。

    福祉人材センターとは、都道府県に所在し、福祉職を特化して探せる職業安定所のようなところです。

    ここを利用する利点は、求人先に問い合わせてすぐに面接というのではなく、一度、職場を見学させてもらい、職場の中の様子を見たり、面接では質問できないことを聞けたりする日を、人材センターを介して設定してもらえるところです。

    職場の様子を面接前にチェックして、自分に合うのか判断するのにとても有効です。

    最近は、インターネットで求人を探す方が増えています。

    インターネットで求人を探すメリットは、『無料』で『あなたの就労条件』を聞き『未公開の多数の求人を紹介』してくれて『面接の準備』から『就職後のケアー』まで、責任を持ってサポートしてくれるところです。

介護士の就職・転職先に求めるモノは明確になっていますか?

  • 介護士の就職・転職をする際に以外と多いのが、現職への不満が募って・・・というもの。

    そういった理由での転職の際には、現職の嫌なところばかりに意識が行ってしまい、現職の良いところを考えることを忘れてしまいがちです。

    人生を左右するかもしれない転職だからこそ、転職後に絶対に後悔しないように、勢いだけで決めるのではなく、

    かならず、「現職のどこが不満なのか?」をひとつひとつ明確にすると同時に、 「現職の良かったところ」もきちんと明確にすることが大切です。

    それらを踏まえて、 次の職場に求める条件を、優先順位を付けて箇条書きにしておくと良いですよ。

山梨県 介護の取り組み

  • 地域リハビリテーション従事者研修

    ~事業内容~
    地域リハビリテーションの推進を目指し、保健・医療・福祉・介護の関係者及び市町村の職員に対し、医療介護の連携を始め、地域リハビリテーションの体制を推進するための研修を開催。
    ~事業の実施状況~
    ○地域リハビリテーション従事者研修会の開催
     ・年1回開催:116人参加
    ○各圏域地域リハビリテーション広域支援センター事業により研修会や連絡会議を実施。
     ・研修会:年3回実施
     ・内容:医療・介護連携指針の普及や多職種間のネットワークづくり。
         リハビリテーション専門職の資質向上
     ・地域の連絡会:年2回
    ~事業効果~
    ・地域リハビリテーション従事者研修会では、多職種による地域リハビリテーションの理解や顔の見える関係が構築された。
    ・各地域リハビリテーション広域支援センターの研修会を通し、保健医療介護職員の資質の向上に寄与できた。
    ~方向性・課題等~
    県リハビリテーション支援センターと各圏域地域リハビリテーション広域支援センターとの連携をはじめ、情報を共有する中で、市町村支援を進めていく。

    介護士転職詳細を確認

    地域ケア会議開催への支援

    ~事業内容~
    ・市町村が行う地域ケア会議へのアドバイザー派遣や推進研究会等を実施して、地域ケア会議における多職種のネットワークづくりや、医療と介護の連携の課題把握、対策の検討等を支援する。
    ~事業の実施状況~
    ○地域ケア推進アドバイザー派遣
    ・17市町村と2保健福祉事務所に専門家を派遣するなど、市町村の進捗状況、課題に応じた取組への支援を行った。
    ○地域ケア会議推進研究会
    ・2回実施 2月開催予定。
     ・内容:地域ケア会議推進上の課題を検討し、住民との協働、個別課題から地域課題につなげる方法、地域づくりを視点においた総合事業のとらえ方について協議した。内容を資料化して研修会で各市町村に啓発する予定。
    ~事業効果~
    ・地域ケア会議に在宅医療・介護の多職種の出席や在宅医療・介護連携に関する部会を設置するなど、市町村において地域ケア会議を通した在宅医療・介護連携に向けた体制づくりが進みつつある。
    ~方向性・課題等~
    地域ケア会議推進研究会の成果を活用するなどにより、より多くの市町村で地域ケア会議を活用し、医療・介護の多職種の連携やネットワークづくりや連携体制の構築が行われるよう引き続き支援していく必要がある。

  • 介護施設の転職はプロにお任せ

    ホームヘルパー・施設介護職員をはじめ、ケアマネジャー、サービス提供責任者、生活相談員など、介護・福祉の仕事に特化した求人情報をお探しであれば、30秒程度の簡単な登録だけですぐにネットでたくさんの介護士求人情報を入手する事ができます。

    全国の介護福祉の求人情報の中から自由にお仕事を探す事ができ、簡単な会員登録でそのまま各法人に直接応募が可能です。さらにチェックボタンで簡単に一括応募できる機能もあり、複数求人への応募も楽々です。また、新着求人の案内や、おすすめの介護福祉関連情報などのメールマガジンにより、あなたのお仕事探しをサポートします。

    ヘルパーや介護支援専門員(ケアマネジャー)、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー)、作業療法士、理学療法士、医療事務、介護事務、管理栄養士など、最新かつ現在募集中の有効な介護士求人情報が見つかりますよ。


    でも、「転職のプロ」を使った方がお得な理由はそんなことではありません。


    ◆職場の雰囲気はいい?

    ◆スタッフ同士の人間関係はギクシャクしていない?

    ◆先輩職員さんたちは定着している?

    ◆就職後のお給料の上がり方は?

    ◆残業はどのくらいあるの?

    ◆休日日数はしっかり確保できるの?

    ◆どんな人物を採用したがっているの?

    ◆ズバリ、私が採用されるにはどうしたらいい?


    ・・・求人情報を見ただけでは、「実際どうなの?」というところまでは分かりませんよね。

    採用する施設側が作る求人情報には「自分たちに都合の悪いこと」はわざわざ書かないのが普通です。

    自分からは聞きづらい内容も「転職のプロ」の力を借りて正確な情報を得たり、不安なこと・疑問に思うことなどを納得のいくまでリサーチしたり、よりよい転職のために必要なアドバイスを何度でも完全無料で受けることができます。

    ご自分の将来のために、また希望にあった職場への転職を実現するために、「転職のプロ」のサービスを受けてみてはいかがでしょうか?



  • 介護福祉士・社会福祉士ってどんなお仕事?

    年々増加する介護や援助の必要な人を情熱と奉仕の精神を持ってサポートする介護福祉士は主に、介護が必要な高齢者の自宅、または老人介護施設や特別養護老人ホームで、食事や入浴、排せつの介助と、本人や家族の精神面のケアを行います。国家資格の取得が義務付けられており、福祉に対して、より専門的な知識と医学的な技術を身に付けている介護支援のエキスパートといえます。今後、さらに保健・医療の分野に精通する人材の需要が高まっていくと考えられます。

    一方、社会福祉士は、身体または精神的に障害のある人や、なんらかの事情により日常生活に支障が出た人の相談にのり、生活の援助をする仕事です。援助の内容は児童相談から金銭的な援助、申請の手続きなど、多岐にわたります。社会福祉士も福祉サービスの多様化に伴い、今以上に専門的な知識や技術が必要となります。公的機関のほか、民間の福祉事業にも活躍の場を広げていくでしょう。

  • 介護の勉強のために短期バイトを希望するケースも

    現代の高齢化に向けて施設などに入れず、在宅介護をしているという家庭もあります。


    自分の両親などもいずれは介護を必要とする、また現在介護しているという方も大勢おり、そのような方が介護についての勉強として短期間介護の仕事をするという方もいます。


    またその逆に家族の介護経験を活かして、介護の仕事をする場合もあります。


    高齢者以外にも介護を必要としている所は多く、介護士が勤務できる職場というのは色々とあります。


    ・知的障害者施設
    ・身体障害者施設
    ・社会福祉施設

    など介護士は、多くの場で活躍が出来る仕事でもあります。


    短期・単発で介護の仕事を考えているという場合は、介護士求人サイトや人材紹介サービスですと求人案件も多数あります。


    週に1日、2日くらいの勤務を希望されている方も、思った以上に希望条件に該当する介護求人が見つかると思いますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。


  • 介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

このページの先頭へ