山梨県ケアハウスの就職・転職先を探す方法は?

  • 山梨県ケアハウスの求職をする場合、学生であれば、就職指導課で相談しながら、学校に来る求人票を見ることができます。

    卒業生が多く採用されているような施設であれば、先輩から施設の情報を聞き職場を選ぶよい材料になります。

    実習中も、その職場をのぞくいいチャンスです。

    どんな職員がいるのか、勤務体制はどうなのか知ることができます。

    実習先が実習生を気にいって、就職しないかと声をかけられることもあります。

    求人
    すでに、卒業している人や転職で介護士の求職をする場合は、ハローワークや福祉人材センターに登録して仕事を探したり、インターネットで求人を探すなどさまざまです。

    ハローワークでは、福祉職を希望している人のためのセクションが用意されている所もあります。

    福祉人材センターとは、都道府県に所在し、福祉職を特化して探せる職業安定所のようなところです。

    ここを利用する利点は、求人先に問い合わせてすぐに面接というのではなく、一度、職場を見学させてもらい、職場の中の様子を見たり、面接では質問できないことを聞けたりする日を、人材センターを介して設定してもらえるところです。

    職場の様子を面接前にチェックして、自分に合うのか判断するのにとても有効です。

    最近は、インターネットで求人を探す方が増えています。

    インターネットで求人を探すメリットは、『無料』で『あなたの就労条件』を聞き『未公開の多数の求人を紹介』してくれて『面接の準備』から『就職後のケアー』まで、責任を持ってサポートしてくれるところです。

介護士の就職・転職先に求めるモノは明確になっていますか?

  • 介護士の就職・転職をする際に以外と多いのが、現職への不満が募って・・・というもの。

    そういった理由での転職の際には、現職の嫌なところばかりに意識が行ってしまい、現職の良いところを考えることを忘れてしまいがちです。

    人生を左右するかもしれない転職だからこそ、転職後に絶対に後悔しないように、勢いだけで決めるのではなく、

    かならず、「現職のどこが不満なのか?」をひとつひとつ明確にすると同時に、 「現職の良かったところ」もきちんと明確にすることが大切です。

    それらを踏まえて、 次の職場に求める条件を、優先順位を付けて箇条書きにしておくと良いですよ。

山梨県 介護の取り組み

  • 介護の地域包括ケア推進協議会 介護予防リハビリテーション促進部会の設置

    ~事業内容~
    健康長寿やまなしプランを踏まえ介護予防対策や地域リハビリテーション対策を進めていくため、関係機関、団体等から幅広く意見を伺うための会議を開催する。
    ~事業の実施状況~
    ○介護予防リハビリテーション促進部会の開催
    ・年1回実施
    ・内容:介護予防・地域リハビリテーションの推進、充実のための方策の検討
    ~事業効果~
    多くの関係者の意見を伺うことで効果的な介護予防対策や地域リハビリテーションの促進に寄与している。
    ~方向性・課題等~
    介護予防対策や地域リハビリテーション体制の促進のため、効果的な実施方法等、今後も継続的に実施していく必要がある。

    介護士転職詳細を確認

    保健福祉事務所における圏域会議の開催

    ~事業内容~
    ・各保健福祉事務所主催(又は市町村が開催する圏域ごとの会議への支援)により、各市町村、多職種を対象とした圏域会議を実施し、本課も支援することにより在宅医療・介護の連携上の課題、対策を検討する。(地域包括支援センター等会議など)
    ~事業の実施状況~
    ○圏域ごと実施する市町村、多職種を対象とした会議等の開催
    ・内容:保健福祉事務所が各圏域の課題解決に向け会議を開催し、市町村の在宅医療・介護連携推進事業の共同実施に向けた広域的な調整や圏域における医療・介護に係る資源情報等の提供などの支援を行った。
    ~事業効果~
    地域支援事業の「在宅医療・介護連携の推進」について取組内容の周知、圏域内での情報交換、課題の抽出などができ、相談窓口の設置等で一定の推進が図られた。
    ~方向性・課題等~
    規模の小さい市町村の取り組みを推進するため、複数市町村での取り組みを提案するなど、地域の実情に合わせた具体的な支援策を検討する必要がある。

  • あなたのやる気をきちんと聞いて全力でサポートします。

    一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

    1【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

    • ご主人の扶養内でお仕事したい。
    • 子供が小さいので5時までがいい。
    • 保育園や家から近い方がいい。
    • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
    など様々だと思います。

    【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

    • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
    • お給料がいいこと。
    • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。
    • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
    • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
    • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
    • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。

    一緒に、両立できる就職先を探しましょう。

    介護施設と一口に言っても、多くの種類がありますね。
    それに、同じデイサービスと言っても、仕事内容はたくさんあります。
    先ほど考えた、【1】あなたの希望を叶え、【2】意欲を発揮できる施設はどこでしょうか。

  • 他では見られない案件

    ケアマネージャー求人は、ハローワークの求人情報でも探すことが出来ますが手間や時間などがかかります。

    特に、仕事をしていると時間が取りにくく、求人情報を見つけるのも難しいです。

    そこで、活用したいのがハローワーク以外でケアマネージャーの求人を専門に扱っている人材紹介サイトです。

    人材紹介サイトでは、スムーズに転職や就職が出来るように、面接日の調整や条件の交渉など、コンサルタントが行ってくれて、求人先の現場の雰囲気も教えてくれるので安心して就職が出来ます。

    また、通常の求人情報では見つけにくい、高い給料や昇給など好待遇の求人や経験を活かせるオープニング求人などの非公開求人も多く、希望にあった求人を見つけることが出来ます。

    ハローワークにはない細かいサービスで理想の転職をサポートしてくれます。

    新規オープンの介護施設や事務所の仕事、主任クラス以上などの少ない求人など他では見られない案件も多くあります。

    そして、登録やサービスを利用するのは無料です。

    手数料などの費用はかからないので、無理なく利用出来ます。

  • パート求人に強い、おすすめサポート

    「初めてで、正直ちょっと不安・・・」という方へ


    介護職専門の求人サイトでは、全国の病院や介護施設の採用担当者と継続的かつ、密に情報交換をしています。 また、ただ情報を蓄えるだけでなく、定期的に現場に足を運び、そこで実際に働いている介護職員さんから生の現場の情報を集めています。

    そのため、インターネットや雑誌に掲載されている求人情報からは分からない、中身の濃い情報を事前に確認したうえで、応募するかどうかの判断ができます。
    だからこそ、後悔のない、納得の転職が実現できるのです!

    ただ求人を紹介するだけでなく、転職のプロとして、面接対策から給与・待遇面での条件交渉、円満退社の為のフォロー、転職後のアフターサポートまで、あなたの大切な転職を二人三脚でバックアップしてくれます。




    今すぐに転職をしたい訳ではない・・という方も登録だけでも大丈夫です。まずは情報収集だけでもどうぞ。


    紹介した求人に実際に応募するか否かは求職者さまのご判断となります。 そのため、必ず応募しなければいけないということはありませんのでご安心下さい。


    「面接が苦手なので面接対策などをしてほしい・・」という方へ
    面接が決まりましたら、「転職成功の秘訣」レポートを皆さんに贈呈しております。また、専任コンサルタントとの面談では、面接対策についてのご相談も承っています。遠方で、面談が難しい求職者さまには、お電話によるサポートも行っておりますので、面接対策はメドフィットへお任せ下さい。
    転職サポートのお申込みから、転職成功まで一切料金はかかりません。


    ハローワークの求人4万件 と 介護ジョブ限定求人2万件をまとめて探せます!
    雇用形態(正社員・パート) × 資格 × 住んでいる地域 など、細かく検索できて、希望条件に合う求人情報が検索しやすい!

    求人情報は、ハローワークなどの紙媒体に比べ、充実した内容を掲載しています。
    転職先を決めるにあたって、給与や勤務条件などの表面的な要素のみならず、 その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を元に検討出来ます。


  • 介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

このページの先頭へ