山口県訪問入浴の就職・転職先を探す方法は?

  • 山口県訪問入浴の求職をする場合、学生であれば、就職指導課で相談しながら、学校に来る求人票を見ることができます。

    卒業生が多く採用されているような施設であれば、先輩から施設の情報を聞き職場を選ぶよい材料になります。

    実習中も、その職場をのぞくいいチャンスです。

    どんな職員がいるのか、勤務体制はどうなのか知ることができます。

    実習先が実習生を気にいって、就職しないかと声をかけられることもあります。

    求人
    すでに、卒業している人や転職で介護士の求職をする場合は、ハローワークや福祉人材センターに登録して仕事を探したり、インターネットで求人を探すなどさまざまです。

    ハローワークでは、福祉職を希望している人のためのセクションが用意されている所もあります。

    福祉人材センターとは、都道府県に所在し、福祉職を特化して探せる職業安定所のようなところです。

    ここを利用する利点は、求人先に問い合わせてすぐに面接というのではなく、一度、職場を見学させてもらい、職場の中の様子を見たり、面接では質問できないことを聞けたりする日を、人材センターを介して設定してもらえるところです。

    職場の様子を面接前にチェックして、自分に合うのか判断するのにとても有効です。

    最近は、インターネットで求人を探す方が増えています。

    インターネットで求人を探すメリットは、『無料』で『あなたの就労条件』を聞き『未公開の多数の求人を紹介』してくれて『面接の準備』から『就職後のケアー』まで、責任を持ってサポートしてくれるところです。

介護士の就職・転職先に求めるモノは明確になっていますか?

  • 介護士の就職・転職をする際に以外と多いのが、現職への不満が募って・・・というもの。

    そういった理由での転職の際には、現職の嫌なところばかりに意識が行ってしまい、現職の良いところを考えることを忘れてしまいがちです。

    人生を左右するかもしれない転職だからこそ、転職後に絶対に後悔しないように、勢いだけで決めるのではなく、

    かならず、「現職のどこが不満なのか?」をひとつひとつ明確にすると同時に、 「現職の良かったところ」もきちんと明確にすることが大切です。

    それらを踏まえて、 次の職場に求める条件を、優先順位を付けて箇条書きにしておくと良いですよ。

山口県 介護の取り組み

  • 山口県介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    代替職員の確保等による研修機会の確保

    ○事業所の職員の研修期間における、代替職員の雇用に係る経費を補助【基金】

    ⇒●代替職員の雇用による研修機会の確保50施設
    →介護職員の定着促進が図られる。

    小規模事業所の協働による研修支援

    ○小規模事業者の介護職員等に対する介護技術の再確認等のための研修を実施【基金】

    ⇒●研修参加人数70名程度
    →介護事業所におけるOJTの推進が図られる。

    エルダー・メンター制度の導入支援による早期離職の防止

    ○エルダー、メンター制度などを整備しようとする介護事業所に対し、制度構築の促進に向けたセミナーを開催【基金】

    ⇒●研修参加者数30名程度
    →新人職員育成制度の構築を通じ、早期離職防止と定着促進が図られる。

    雇用管理改善の推進 (介護ロボット導入支援やICTの活用 等)

    ○管理者・介護職員に対し、労働関係法規、人事制度・賃金体系などの雇用管理改善の促進に向けたセミナーを開催【基金】

    ⇒●研修参加者数120名程度
    →雇用管理改善の取組を通じ、早期離職防止と定着促進が図られる。

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○新規介護職員を対象とした合同入職式の開催、若年介護職員を対象とした表彰制度の創設【基金】
    ○潜在介護福祉士に対する円滑な再就業のための支援を実施【基金】

    ⇒●入職式参加者数70名、表彰受賞者8名程度
    →職員の意識・モチベーション向上と定着促進が図られる。
    ●研修参加人数30名程度
    →潜在介護福祉士の再就業が図られる。

    介護士転職詳細を確認

    山口県介護の具体的な取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○施設毎の実状に応じた派遣型オーダーメイド研修の実施【基金】
    ○喀痰吸引等の「医療的ケア」に係る研修を実施【基金】
    ○介護事業所が、アセッサー講習に受講させるために負担する受講料を補助【基金】
    ○介護支援専門員を対象とした法定研修等の実施【基金】
    ○認知症ケアに携わる人材の育成のための研修を実施【基金】
    ○地域包括ケアシステムに資する人材育成のための研修等を実施【基金】
    介護予防の推進に資するPT,OT,ST指導者育成のための研修を実施【基金】

    ⇒●研修参加述べ人数2,000名程度
    ●研修修了者数160名程度
    ●受講支援人数80名程度
    →介護職員の資質向上が図られる。
    ●介護支援専門員の資質向上が図られる。
    ●人材育成を通じた認知症高齢者への支援強化。
    ●生活支援や介護予防に係る指導者養成及びセンター職員の資質・調整能力向上、地域ケア会議の充実等により、システムの構築が図られる。

    その他の「資質の向上」の取組

    ○権利擁護人材の養成・活用を進めるため関係機関で構成する協議会を設置【基金】

    ⇒●権利擁護人材確保推進のための連携体制の構築、体制整備の推進が図られる。

    人材育成に取り組む事業所の認証評価制度の検討状況

    【現状】
    「山口県介護人材確保対策協議会」の下、関係者による検討会設置に向け、調整中。

    【今後】
    おって設置する検討会において、制度の円滑な導入に向けた調査、検討、制度設計等を行う。

  • ホームヘルパー・ケアマネージャーてどんなお仕事?

    ホームヘルパーとケアマネージャーは、どちらも介護・福祉業界の仕事です。

    介護保険法によって介護が必要になった方に、介護サービスプランを作成し、適したサービスを受けられるよう取りまとめるのがケアマネージャー(介護支援専門員)であり、職に就くには実務経験を経た上で都道府県の実施する試験に合格する必要があります。

    一方ホームヘルパーは、そのケアマネージャーの作成したサービスプランを実行する仕事。訪問介護を行ったり、施設での介助をします。これまでは講座を受講することで資格を得ることができましたが、2013年度より講座受講後の筆記試験が必須となりました。

  • 少子高齢化社会で介護業界は人手不足

    少子高齢化社会が進む中で介護業界はこれから先も人手不足が心配されています。

    今でさえも求人情報を見てみると、たくさん介護士求人が掲載されています。

    どこの地域でも、他の業種と比較すると介護士の求人は多いです。

    最近は老人福祉施設が数多く建設されていますから、とくに施設における介護士の役割はとても大きいです。

    介護士が中心となり、老人福祉施設で生活している入所者をサポートしています。

    食事介助や排せつ処理、入浴介助など大変な仕事ですが、とてもやりがいのある仕事でもあります。

    やはり、お年寄りと話をするのが好きであったり、世話好きの人が向いていると思います。

    また、コミュニケーション能力も必要であり、この人は何に困り何を必要としているのかをくみ取る必要もあります。

    介護施設で集団生活となると、いろいろ問題も起こりますので、お年寄りの人たちみんなが、仲よく集団生活ができるように、サポートすることも必要です。

    もし、求人情報を見ていて介護士の仕事をやってみようと思ったなら、ぜひお勧めします。

  • 介護士パート求人から読み取れること

    介護士パート求人に限らず仕事を探す場合には、ネットで求人サイトを調べたり、ハローワークや求人誌などを見て探すという場合が多いですよね。

    フリーペーパーや新聞の求人欄をご覧になる方も多いかも知れません。

    それらを見ていると、何度も同じ施設や会社などの求人が出ている場合がありませんか?

    「これ前もここの求人が出ていた」と日付が過ぎても頻繁に求人募集がされている場合は、その施設などでの離職率が高い可能性もあるようです。

    現在、介護職員はどこも人材が不足している状態ですので、資格が無くても働けるという所も少なくありません。

    いわゆる「売り手市場」という状態ですから、求人ニーズの方が高い状況で、転職回数が多くても仕事が見つかる状況なんだそうです。


    介護職で勤務するという場合、これからも介護施設などで仕事を続けていこうと考えている場合には、介護職員初任者研修を持っている方が良いですね。

    またゆくゆくは正社員になりたいという場合には、介護福祉士の資格を持っていると転職などにも有利になってきます。

    実際、介護スタッフとして働きつつ、資格取得のための勉強をされている方も多いです。


  • 介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

このページの先頭へ