山口県老人保健施設の就職・転職先を探す方法は?

  • 山口県老人保健施設の求職をする場合、学生であれば、就職指導課で相談しながら、学校に来る求人票を見ることができます。

    卒業生が多く採用されているような施設であれば、先輩から施設の情報を聞き職場を選ぶよい材料になります。

    実習中も、その職場をのぞくいいチャンスです。

    どんな職員がいるのか、勤務体制はどうなのか知ることができます。

    実習先が実習生を気にいって、就職しないかと声をかけられることもあります。

    求人
    すでに、卒業している人や転職で介護士の求職をする場合は、ハローワークや福祉人材センターに登録して仕事を探したり、インターネットで求人を探すなどさまざまです。

    ハローワークでは、福祉職を希望している人のためのセクションが用意されている所もあります。

    福祉人材センターとは、都道府県に所在し、福祉職を特化して探せる職業安定所のようなところです。

    ここを利用する利点は、求人先に問い合わせてすぐに面接というのではなく、一度、職場を見学させてもらい、職場の中の様子を見たり、面接では質問できないことを聞けたりする日を、人材センターを介して設定してもらえるところです。

    職場の様子を面接前にチェックして、自分に合うのか判断するのにとても有効です。

    最近は、インターネットで求人を探す方が増えています。

    インターネットで求人を探すメリットは、『無料』で『あなたの就労条件』を聞き『未公開の多数の求人を紹介』してくれて『面接の準備』から『就職後のケアー』まで、責任を持ってサポートしてくれるところです。

介護士の就職・転職先に求めるモノは明確になっていますか?

  • 介護士の就職・転職をする際に以外と多いのが、現職への不満が募って・・・というもの。

    そういった理由での転職の際には、現職の嫌なところばかりに意識が行ってしまい、現職の良いところを考えることを忘れてしまいがちです。

    人生を左右するかもしれない転職だからこそ、転職後に絶対に後悔しないように、勢いだけで決めるのではなく、

    かならず、「現職のどこが不満なのか?」をひとつひとつ明確にすると同時に、 「現職の良かったところ」もきちんと明確にすることが大切です。

    それらを踏まえて、 次の職場に求める条件を、優先順位を付けて箇条書きにしておくと良いですよ。

山口県 介護の取り組み

  • 山口県介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    代替職員の確保等による研修機会の確保

    ○事業所の職員の研修期間における、代替職員の雇用に係る経費を補助【基金】

    ⇒●代替職員の雇用による研修機会の確保50施設
    →介護職員の定着促進が図られる。

    小規模事業所の協働による研修支援

    ○小規模事業者の介護職員等に対する介護技術の再確認等のための研修を実施【基金】

    ⇒●研修参加人数70名程度
    →介護事業所におけるOJTの推進が図られる。

    エルダー・メンター制度の導入支援による早期離職の防止

    ○エルダー、メンター制度などを整備しようとする介護事業所に対し、制度構築の促進に向けたセミナーを開催【基金】

    ⇒●研修参加者数30名程度
    →新人職員育成制度の構築を通じ、早期離職防止と定着促進が図られる。

    雇用管理改善の推進 (介護ロボット導入支援やICTの活用 等)

    ○管理者・介護職員に対し、労働関係法規、人事制度・賃金体系などの雇用管理改善の促進に向けたセミナーを開催【基金】

    ⇒●研修参加者数120名程度
    →雇用管理改善の取組を通じ、早期離職防止と定着促進が図られる。

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○新規介護職員を対象とした合同入職式の開催、若年介護職員を対象とした表彰制度の創設【基金】
    ○潜在介護福祉士に対する円滑な再就業のための支援を実施【基金】

    ⇒●入職式参加者数70名、表彰受賞者8名程度
    →職員の意識・モチベーション向上と定着促進が図られる。
    ●研修参加人数30名程度
    →潜在介護福祉士の再就業が図られる。

    介護士転職詳細を確認

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

  • 介護士の求人情報はコチラで

    2050年には世界人口の18%が65歳以上となると予測されている中、日本は世界でも高齢化が進んでいます。

    そんな日本に必要なのは、介護士です。

    今回はそんな介護士求人の求人情報をお知らせします。

    では、介護士とはどんなお仕事でしょうか?

    元気で長生きなお年寄りが多いとはいえ、その生活にはサポートが必要な場面も多々あります。また、病気でうまく動けない方もいらっしゃいます。

    介護士は、そんなお年寄りや病気な方に素敵に暮らしてもらうためのお仕事です。

    肉体的にハードな面もありますが、介護をした方に直接お礼を言われることもあります。

    それこそがやりがいと言う人もいます。

    介護士には、お年寄りを介護する訪問ヘルパーや、病院に勤務する介護士など勤務形態も様々です。

    介護福祉士の資格をとることで、より専門的な知識と技術を身につけることも可能です。

    多くの介護福祉施設で、介護士の求人しています。求人情報はコチラで確認してみてください。

  • 高齢化が進み将来性のある仕事です。

    日本では今、少子高齢化社会が進み老人福祉施設の建設も多く、民間企業が介護にどんどん参入してきています。

    そういう状況なので、ホームヘルパーの求人の割合は他の業種とくらべると高いです。

    また、ホームヘルパーの資格は比較的とりやすく、人気があるという話はよく耳にします。

    老人福祉施設や居宅支援事業所ではホームヘルパーなしでは成り立ちません。

    それだけ需要があり、必要とされています。

    都道府県別に有効求人倍率をみてみると東京や神奈川など都市部が高くて、地方が低いです。

    やはり地方だと人が集まらないせいかあまり求人が多くないようです。

    または地方のお年寄りの方が長生きで元気なお年寄りが多いのかも知れません。

    しかし、ほかの業種よりもはるかにホームヘルパー求人は多いですし、これからさらに高齢化が進みますので、将来性のある仕事です。

    お年寄りと接することが好きで世話好きの人には向いている仕事かもしれません。

  • 希望通りのパート介護求人を見つけるには

    介護職のパートを探す際のポイントとしては・・・

    ・研修や介護についての教育システムがあるか
    ・ブランクや未経験者への指導はあるか
    ・育児との両立、勤務時間などライフスタイルに応じた働き方ができるのか
    ・資格取得支援制度などあるのか

    施設によっては、子育て中の職員を対象に、子供手当というのもあります。この他にも、自分が働く上での必要な事もしっかりと確認しておくようにしましょう。

    ただ自分で探す場合、求人の詳細などを見ても簡単な説明しか掲載されていないため、いざ応募してみると「求人内容と違っていた」という事も少なくありません。

    そのような事態を防ぐには事前の情報収集が大切ですね。そのためには介護職専門のサイトなどに登録するという方法もあります。

    介護士求人サイトなら介護の専門に精通しているので、求人紹介施設の種類も豊富にあり、専任のコンサルタントが求人紹介や面接の調節などサポートしてくれますので、それはメリットといえます

    小さい子供がいる場合、残業なし、土日休み、急な発熱でも休めるのか?など自分では直接言いづらい、わがままな条件もコンサルタントが施設側と交渉・確認してくれます。

    このように、仕事を探す方法は色々とありますが、直接施設に質問しづらいことがあるケースほど、介護の専門サイト求人に無料登録をして就職活動を進めるほうが、ご自身の負担が少なくて済みます。より良い条件で働くことができれば、仕事に対する意欲も断然高まります。

    こうした介護求人の人材紹介会社は、完全無料で利用できます。介護士パート求人でお仕事探しをされている方は、一度相談されてみてはいかがでしょうか。


  • 介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

このページの先頭へ