山形県有料老人ホームの就職・転職先を探す方法は?

  • 山形県有料老人ホームの求職をする場合、学生であれば、就職指導課で相談しながら、学校に来る求人票を見ることができます。

    卒業生が多く採用されているような施設であれば、先輩から施設の情報を聞き職場を選ぶよい材料になります。

    実習中も、その職場をのぞくいいチャンスです。

    どんな職員がいるのか、勤務体制はどうなのか知ることができます。

    実習先が実習生を気にいって、就職しないかと声をかけられることもあります。

    求人
    すでに、卒業している人や転職で介護士の求職をする場合は、ハローワークや福祉人材センターに登録して仕事を探したり、インターネットで求人を探すなどさまざまです。

    ハローワークでは、福祉職を希望している人のためのセクションが用意されている所もあります。

    福祉人材センターとは、都道府県に所在し、福祉職を特化して探せる職業安定所のようなところです。

    ここを利用する利点は、求人先に問い合わせてすぐに面接というのではなく、一度、職場を見学させてもらい、職場の中の様子を見たり、面接では質問できないことを聞けたりする日を、人材センターを介して設定してもらえるところです。

    職場の様子を面接前にチェックして、自分に合うのか判断するのにとても有効です。

    最近は、インターネットで求人を探す方が増えています。

    インターネットで求人を探すメリットは、『無料』で『あなたの就労条件』を聞き『未公開の多数の求人を紹介』してくれて『面接の準備』から『就職後のケアー』まで、責任を持ってサポートしてくれるところです。

介護士の就職・転職先に求めるモノは明確になっていますか?

  • 介護士の就職・転職をする際に以外と多いのが、現職への不満が募って・・・というもの。

    そういった理由での転職の際には、現職の嫌なところばかりに意識が行ってしまい、現職の良いところを考えることを忘れてしまいがちです。

    人生を左右するかもしれない転職だからこそ、転職後に絶対に後悔しないように、勢いだけで決めるのではなく、

    かならず、「現職のどこが不満なのか?」をひとつひとつ明確にすると同時に、 「現職の良かったところ」もきちんと明確にすることが大切です。

    それらを踏まえて、 次の職場に求める条件を、優先順位を付けて箇条書きにしておくと良いですよ。

山形県 介護の取り組み

  • 居宅介護サービス

    訪問介護、介護予防訪問介護

    サービスの内容
    訪問介護は、訪問介護員(ホームヘルパー)等が居宅を訪問し、入浴、排泄、食事等の介護や掃除・洗濯等の家事の援助を行うサービスです。
    介護予防訪問介護は、利用者が要支援状態の維持もしくは改善を図れるよう、訪問介護員(ホームヘルパー)等が居宅を訪問し、入浴、排泄、食事の介護、その他の生活全般にわたる支援を行うサービスです。
    ※介護予防訪問介護については、平成 27 年4月から平成 29 年3月までの間に、市町村の体制整備後、順次、介護予防・日常生活支援総合事業の訪問型サービスに移行します。
    訪問介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。
    介護予防訪問介護は、平成29年度末までに介護予防・日常生活支援総合事業に移行するため、年々減少していきます。

    訪問入浴介護、介護予防訪問入浴介護

    サービスの内容
    訪問入浴介護及び介護予防訪問入浴介護は、入浴の困難な要介護者等の身体の清潔保持、心身機能の維持を図るために居宅を入浴車等で訪問し、浴槽を持ち込み入浴の介助を行うサービスです。
    ※訪問入浴介護、介護予防訪問入浴介護ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    訪問看護、介護予防訪問看護

    サービスの内容
    訪問看護及び介護予防訪問看護は、要介護者等の居宅を、病院・診療所や訪問看護ステーションの看護師等が訪問し、療養上の世話や必要な診療の補助を行うサービスです。
    ※訪問看護、介護予防訪問看護ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    訪問リハビリテーション、介護予防訪問リハビリテーション

    サービスの内容
    訪問リハビリテーション及び介護予防訪問リハビリテーションは、病院又は診療所の理学療法士又は作業療法士が、計画的な医学管理を行っている医師の指示に基づき、居宅を訪問し、心身の機能の維持回復、日常生活の自立を助けるために必要な理学療法、作業療法等のリハビリテーションを提供するサービスです。
    ※訪問リハビリテーション、介護予防リハビリテーションともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    居宅療養管理指導、介護予防居宅療養管理指導

    サービスの内容
    居宅療養管理指導及び介護予防居宅療養管理指導は、医師、歯科医師、薬剤師、保健師、看護師、准看護師、歯科衛生士、管理栄養士等が通院困難な要介護者等の居宅を訪問し、療養上の管理及び指導を行うサービスです。
    ※居宅療養管理指導、介護予防居宅療養管理指導ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    通所介護、介護予防通所介護、地域密着型通所介護

    サービスの内容
    通所介護は、デイサービスセンターや特別養護老人ホームなどに日帰りで通い、入浴、食事の提供その他の日常生活上の世話や機能訓練を受けるサービスです。
    介護予防通所介護は、日常生活上の支援など「共通的なサービス」に加え、運動器の機能向上や栄養改善などの「選択的なサービス」の提供を行います。
    ※ 介護予防通所介護については、平成 27 年4月から平成 29 年3月までの間に、市町村の体制整備後、順次、介護予防・日常生活支援総合事業の通所型サービスに移行します。
    ※通所介護事業所のうち、利用定員 18 人以下の小規模な通所介護事業所については、平成 28 年4月から地域密着型通所介護事業所に移行します。(なお、要支援者に対する予防給付は、介護予防通所介護のままで、その後、介護予防・日常生活支援総合事業に移行します。)
    ※通所介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。介護予防通所介護は、平成29年度末までに介護予防・日常生活支援総合事業に移行するため、年々減少していきます。
    また、平成28年4月から始まる地域密着型通所介護の影響により、平成 28 年度の通所介護の事業量については、一時的に減少しますが、その後増加するものと見込まれます。

    通所リハビリテーション、介護予防通所リハビリテーション

    サービスの内容
    通所リハビリテーションは、介護老人保健施設、病院、診療所に通い、心身の機能維持回復を図り、日常生活の自立を助けるための理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションを受けるサービスです。
    介護予防通所リハビリテーションは、日常生活上の支援など「共通的なサービス」に加え、運動器の機能向上や栄養改善などの「選択的なサービス」の提供を行います。
    ※通所リハビリテーション、介護予防通所リハビリテーションともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    短期入所生活介護、介護予防短期入所生活介護

    サービスの内容
    短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護は、特別養護老人ホーム等に短期間入所して、入浴、食事、排泄等の介護その他日常生活上の世話や機能訓練を受けるサービスです。
    ※短期入所生活介護、介護予防短期入所生活介護ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    短期入所療養介護、介護予防短期入所療養介護

    サービスの内容
    短期入所療養介護及び介護予防短期入所療養介護は、介護老人保健施設、介護療養型医療施設等に短期間入所して、看護、医学的管理の下、介護及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上の世話を受けるサービスです。
    ※短期入所療養介護、介護予防短期入所療養介護ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    福祉用具貸与、介護予防福祉用具貸与

    サービスの内容
    福祉用具貸与及び介護予防福祉用具貸与は、日常生活上の便宜や機能訓練のための福祉用具を貸与するサービスです。
    要支援及び要介護1の者については、原則として、特殊寝台・車いす・移動用リフトなどが貸与の対象となりませんが、日常的に歩行が困難な場合など、福祉用具が必要な状態であると判断された者については貸与の対象となります。
    ※福祉用具貸与、介護予防福祉用具貸与ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    特定施設入居者生活介護、介護予防特定施設入居者生活介護

    サービスの内容
    特定入居者生活介護・介護予防特定施設入居者生活介護は、有料老人ホームや介護利用型軽費老人ホーム(ケアハウス)などが、入居者である要介護者等に対し、特定施設サービス計画に基づいて、入浴、食事、排泄等の介護その他日常生活上の世話、機能訓練を行うサービスです。
    特定施設入居者生活介護は、介護専用型特定施設(入居者を要介護1以上に限る施設)、混合型特定施設(介護専用型以外の特定施設:自立者及び要支援者の入居を認める施設)及び地域密着型特定施設に分類されます。
    ※特定施設入居者生活介護、介護予防特定施設入居者生活介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    介護士転職詳細を確認

    居宅介護サービス

    居宅介護支援、介護予防支援

    サービスの内容
    居宅介護支援は、要介護者等がその心身の状態等に応じた適切な介護サービスを受けることができるように、ケアプランを作成するとともに、介護サービスの提供に際しての事業者との調整、実際のサービスの利用状況・実施状況の把握や給付管理票の提出などの給付管理を行うサービスです。
    介護予防支援は、要支援者がその心身の状態に応じた適切な介護予防サービスを受けることができるように、予防プランを作成するサービスです。このサービスは、市町村が設置する地域包括支援センターが実施します。
    ※介護予防訪問介護及び介護予防通所介護のみを利用している方の介護予防支援については、介護予防・日常生活支援総合事業に移行します。
    ※居宅介護支援は、計画期間中は増加するものと見込まれますが、介護予防支援については、介護予防訪問介護と介護予防通所介護の介護予防・日常生活支援総合事業への移行に伴い、一時的には減少する見込みです。

    定期巡回・随時対応型訪問介護看護

    サービスの内容
    定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、在宅の要介護者に対し、日中・夜間を通じて訪問介護と訪問看護を一体的に又はそれぞれが密接に連携しながら、定期巡回訪問と随時の対応を行うサービスです。
    「単身・重度の要介護者」であっても、在宅を中心とする住み慣れた地域で、尊厳と個別性が尊重された生活を継続できるような社会環境の整備を目標として、平成 24 年度から新たに始まったサービスです。
    ※定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    夜間対応型訪問介護

    サービスの内容
    夜間対応型訪問看護は、在宅の要介護者に対し、夜間の定期巡回や通報による随時訪問を行い、必要な介護を行うサービスです。
    ※夜間対応型訪問介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    認知症対応型通所介護、介護予防認知症対応型通所介護

    サービスの内容
    認知症対応型通所介護及び介護予防認知症対応型通所介護は、認知症の症状がある要介護者等が、老人デイサービスセンターや認知症高齢者グループホームなどに通い、日常生活上の世話や機能訓練を受けるサービスです。
    ※認知症対応型通所介護、介護予防認知症対応型通所介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    小規模多機能型居宅介護、介護予防小規模多機能型居宅介護

    サービスの内容
    小規模多機能型居宅介護及び介護予防小規模多機能型居宅介護は、「通い」を中心として、利用者の様態や希望に応じて、随時「訪問」や「泊まり」を組み合わせてサービスを提供することで在宅での生活継続を支援するサービスです。
    ※小規模多機能型居宅介護、介護予防小規模多機能型居宅介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護

    サービスの内容
    認知症対応型共同生活介護及び介護予防認知症対応型共同生活介護は、認知症の症状がある要介護者等に対し、その共同生活を営むべき住居において、入浴、排泄、食事等の介護その他日常生活上の世話及び機能訓練を行うサービスです。
    ※認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    地域密着型特定施設入居者生活介護

    サービスの内容
    地域密着型特定施設入居者生活介護は、入所者が 29 名以下の有料老人ホームや介護利用型軽費老人ホーム(ケアハウス)などが、入居している要介護者に対し、特定施設サービス計画に基づいて、入浴、食事、排泄等の介護その他日常生活上の世話、機能訓練を行うサービスです。

    地域密着型介護老人福祉施設

    サービスの内容
    地域密着型介護老人福祉施設は、入所する要介護者に対し、入浴、排泄、食事等の介護その他、日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話を行います。
    入所定員が29名以下の特別養護老人ホームのことをさします。

    看護小規模多機能型居宅介護

    サービスの内容
    看護小規模多機能型居宅介護は、在宅の要介護者に対し、訪問看護及び小規模多機能型居宅介護を一体的に提供するサービスです。
    看護と介護の連携による一体的なサービス提供により、緊急時の対応を含め、柔軟なサービス提供が可能です。
    医療・看護ニーズの高い要介護者を地域で支えるサービスとして、平成24年度から「複合型サービス」として新たに始まったサービスですが、平成 27 年度からサービス名称が「看護小規模多機能型居宅介護」になりました。
    ※看護小規模多機能型居宅介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

  • ホームヘルパー・ケアマネージャーてどんなお仕事?

    ホームヘルパーとケアマネージャーは、どちらも介護・福祉業界の仕事です。

    介護保険法によって介護が必要になった方に、介護サービスプランを作成し、適したサービスを受けられるよう取りまとめるのがケアマネージャー(介護支援専門員)であり、職に就くには実務経験を経た上で都道府県の実施する試験に合格する必要があります。

    一方ホームヘルパーは、そのケアマネージャーの作成したサービスプランを実行する仕事。訪問介護を行ったり、施設での介助をします。これまでは講座を受講することで資格を得ることができましたが、2013年度より講座受講後の筆記試験が必須となりました。

  • 仕事を探す人には大きなチャンス

    高齢化が進むにつれ、介護の問題が注目されています。

    特に、ケアマネージャーの需要は年々非常に高まっています。

    しかしながら、需要に供給がなかなか追いつかない状況です。

    こういった問題は、さらに継続すると見込まれており、ケアマネージャーの求人には行政も注目しています。

    逆に言えば、仕事を探す人にとっては、大きなチャンスでもあります。

    今後さらに需要が見込まれる職場で働くことは、働きがいにも繋がります。

    また、最近では、ケアマネージャーの求人を拡大するため、市町村が多くの支援を推奨しています。

    求人情報を市町村が支援して広めているところもあります。

    もちろん、ケアマネージャーになるためには多くの努力が必要ですし求人情報を見て応募したからといって簡単になれるものではありません。

    特に、資格を取得するためには、実務と多くの経験が必要です。しかしながら、しっかりと努力した人には、働きがいと多くのメリットが持たされることは言うまでもありません。

  • パートで介護職につくメリット

    • 介護の知識が身に付く!

      今後は、親の介護もしないといけなくなります。その時に必要な知識や技術を身につけることができるのは嬉しいですね。
      例えば、認知症予防や、対応など、知らないと精神的苦痛や負担が大きくなりがちです。暴れや徘徊の知識があっても、「本人の性格が変わった」のではなく「病気によるものであって、本心ではない」と分かり、親や自分を責めなくていいと気づくことで、日々の精神状態が大きく変わり穏やかに過ごせます。

    • 人生の先輩から学ぶことがたくさんある!

      利用者さんたちが今まで生きてきた価値を考えながら仕事をすることで、自分の生き方の気づきがたくさん得られます。仕事にとりくんでいる時間は、できるかぎりの笑顔と福祉の気持ちで、自分のベストを尽くす。そうすると、たくさんの学びが見つかります。

    • 経験を積むことで、キャリアアップが目指せる!

      まずは介護職員初任者研修の資格をとって、働きながら「介護福祉士実務者研修→介護福祉士」とステップアップしようと考えている人が多いようです。
      厚生労働省今後のキャリアパスに沿って働いて、お子さんが大きくなったときに資格が取れるように準備をするのもおすすめです。
    せっかくですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設でパート勤務したいですよね。

  • 介護の仕事の特徴

    まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

    介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

    訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

    次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

    また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

    施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

    健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

    他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

    訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

    最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

    特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

    ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

    ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

    その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。

このページの先頭へ