岡山県特別養護老人ホームの就職・転職先を探す方法は?

  • 岡山県特別養護老人ホームの求職をする場合、学生であれば、就職指導課で相談しながら、学校に来る求人票を見ることができます。

    卒業生が多く採用されているような施設であれば、先輩から施設の情報を聞き職場を選ぶよい材料になります。

    実習中も、その職場をのぞくいいチャンスです。

    どんな職員がいるのか、勤務体制はどうなのか知ることができます。

    実習先が実習生を気にいって、就職しないかと声をかけられることもあります。

    求人
    すでに、卒業している人や転職で介護士の求職をする場合は、ハローワークや福祉人材センターに登録して仕事を探したり、インターネットで求人を探すなどさまざまです。

    ハローワークでは、福祉職を希望している人のためのセクションが用意されている所もあります。

    福祉人材センターとは、都道府県に所在し、福祉職を特化して探せる職業安定所のようなところです。

    ここを利用する利点は、求人先に問い合わせてすぐに面接というのではなく、一度、職場を見学させてもらい、職場の中の様子を見たり、面接では質問できないことを聞けたりする日を、人材センターを介して設定してもらえるところです。

    職場の様子を面接前にチェックして、自分に合うのか判断するのにとても有効です。

    最近は、インターネットで求人を探す方が増えています。

    インターネットで求人を探すメリットは、『無料』で『あなたの就労条件』を聞き『未公開の多数の求人を紹介』してくれて『面接の準備』から『就職後のケアー』まで、責任を持ってサポートしてくれるところです。

介護士の就職・転職先に求めるモノは明確になっていますか?

  • 介護士の就職・転職をする際に以外と多いのが、現職への不満が募って・・・というもの。

    そういった理由での転職の際には、現職の嫌なところばかりに意識が行ってしまい、現職の良いところを考えることを忘れてしまいがちです。

    人生を左右するかもしれない転職だからこそ、転職後に絶対に後悔しないように、勢いだけで決めるのではなく、

    かならず、「現職のどこが不満なのか?」をひとつひとつ明確にすると同時に、 「現職の良かったところ」もきちんと明確にすることが大切です。

    それらを踏まえて、 次の職場に求める条件を、優先順位を付けて箇条書きにしておくと良いですよ。

岡山県 介護の取り組み

  • 岡山県介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    代替職員の確保等による研修機会の確保

    ○職員に研修を受けさせる事業所について、代替となる職員を派遣する。
    ○介護福祉士養成校の教員等が、事業所の養成により、事業所へ出向き研修を実施する【基金】

    ⇒○介護職員の資質の向上をはかり、定着を促進する。

    小規模事業所の協働による研修支援

    ○介護職員、小規模事業所グループの支援【基金】

    ⇒○5グループを支援

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○介護現場での仕事の悩み等について、電話相談・来所相談を実施する。
    ○介護職員の合同入職式を開催し仲間づくりを促す。

    ⇒○介護職員の資質の向上をはかり、定着を促進する

    介護士転職詳細を確認

    岡山県の人口構成の変化

    岡山県の高齢者人口

    今後、0歳から14歳までの年少人口と15歳から64歳までの生産年齢人口が減少する一方で、65歳以上の高齢者人口が増加し、高齢化率は平成32年に30.5%になり、その後も30%台が続きます。

    高齢者のみの世帯数

    平成22年の国勢調査をもとにした世帯数の推計によると、本県の高齢者の単独世帯数は平成32年(2020年)にかけて急速に増加し、平成37年(2025年)に10万世帯に達した後も緩やかに増加し続けます。

    要支援・要介護認定者数

    岡山県において、要支援認定又は要介護認定を受けている者(要支援・要介護認定者)の数は、10万9千人(平成25年度末)で、その内訳は、97.9%が65歳以上の第1号被保険者、2.1%が40歳から64歳までの第2号被保険者となっています。

    介護給付等対象サービスの利用状況

    介護給付及び予防給付対象サービス(介護給付等対象サービス)に係る費用は、利用者の増加等により平成12年度の678億2千万円から、平成25年度の1,553億7千万円と2.3倍になっています。

    岡山県介護今後の課題

    今後、岡山県の後期高齢者は増加し、高齢者のみの世帯も増加することから、次のような状況が見込まれます。

    ① 要支援・要介護認定者の88.6%が後期高齢者である現状を踏まえると、今後、さらに要支援・要介護認定者が増加します。

    ② 要支援・要介護者の58.1%が「認知症高齢者の日常生活自立度」がⅡ以上であり、年齢が高くなるほどその割合が高くなる現状を踏まえると、今後、さらに認知症高齢者が増加します。

    ③ 食事づくり、買物、金銭管理、ごみ出しなどの生活管理は、一般的に家族が共同して行っていることを踏まえると、日常生活に支障を来し、生活支援の必要な高齢者が増加します。

    さらに、
    ④ 要支援・要介護状態や認知症の高齢者の増加により、介護サービスの需要が増大しますが、生産年齢人口の減少で産業全体の労働力が低下する中、介護人材が不足します。

    ⑤ 介護サービスの利用者の増加等によりサービスに係る費用が増加し、被保険者の保険料負担と市町村や県の公費負担が重くなります。

    計画の目標

    ○在宅医療と介護の連携の推進
    ○認知症施策の推進
    ○生活支援と介護予防の推進
    ○高齢者の住まいの安定確保
    ○介護人材の確保
    ○在宅サービスの充実・強化

    在宅医療と介護の連携の推進

    高齢者が可能な限り、住み慣れた地域で日常生活を継続しながら、必要な医療と介護が受けられるよう、医療・介護関係団体の協働のための合意形成や市町村の取組を支援します。

    認知症施策の推進

    認知症高齢者のさらなる増加が見込まれることから、認知症になっても本人の尊厳が重視され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けることができるように、早期から適切なサービスを受けることができる体制の整備や地域における見守り支援が広がるようにするための市町村の取組を支援します。

    地域ケア会議の推進

    地域ケア会議は、地域包括ケアシステムの構築に有効な手段となることから、市町村において、地域ケア会議が設置され、個別ケースの検討や地域課題の検討が行われるよう、市町村の取組を支援します。

    中重度者を支える在宅サービスの普及促進

    中重度の要介護者や高齢者のみの世帯等が増加することから、要介護状態となっても可能な限り住み慣れた地域で継続して日常生活を営むことができるようにするため、毎日複数回の訪問と通いと泊まりの機能を柔軟に組み合わせて、高齢者の日常生活全般を支えるサービスが普及するよう、事業者の新規参入に向けた働きかけを行います。

    地域支援事業の推進

    介護予防・日常生活支援総合事業(新総合事業)の実施が市町村に義務付けられたことから、市町村の取組が円滑に進むように支援します。

    介護予防・生活支援サービスの基盤整備の推進

    民間企業、NPO、ボランティア団体等の多様な主体が介護予防・生活支援サービスの担い手となって高齢者の在宅生活を支えることができるよう、生活支援コーディネーターの養成や高齢者等への普及啓発を行うなどを行います。

    介護予防の推進

    全ての市町村において、住民運営の様々な通いの場が誕生し、高齢者の居場所と出番の創出を通じた介護予防の取組が拡充するよう支援します。

    高齢者の住まいの安定確保

    高齢者が状態の変化に応じて住まい方を選択できるようにしながら、要介護状態となっても、必要な医療・介護・生活支援サービスを利用して、住み慣れた地域での生活を継続できるように、地域包括ケアシステムの前提となる高齢者の住まいの安定確保に向けた取組を進めます。

  • 転職するときの心得

    転職とは、あなたの何かしらの要望をかなえるための行為です。
    その要望は「仕事内容」「やりがい」「待遇」「地位」「勤務時間」「研修・教育 体制」「福利厚生」など人それぞれです。
    大切なことは、転職活動を始めるにあたり自分の要望は何なのか、その要望は現在の職場では満たされないものなのか、ということを最初に整理して考えることです。

    整理が出来たら、その要望を満たすのはどこかという観点で活動を行っていきましょう。
    転職活動をしていく過程で、早く転職したいと思うあまりに転職をすることが目的になり、本来の自分の要望を見失ってしまうということがよくあります。

    転職はあなたの今後の働く環境を大きく変えることになります。活動をする上で自分の要望の優先順位をキッチリつけて客観的に整理することが、本当の意味での転職成功のポイントとなります。

  • ケアマネージャーの主な仕事

    ケアマネージャーの正式名称は、介護支援専門員と言います。

    医療系の専門学校へ行き、その専門の科目の国家試験を受け、受かった後実際に医療機関に等で実務経験を5年以上経験した者が受けられる介護支援専門員試験を受けて合格し、初めてその職につくことができます。

    試験の実施は都道府県が行います。

    ケアマネージャーの求人は、全国的に見ても多くあります。

    ケアマネージャーは介護施設などに籍を置き、介護支援を求める方の、ケアプランを作ります。

    ケアプランとは、介護支援を受けたいと思っている方と、介護を行う方、リハビリを行う方、訪問マッサージを行う方々との橋渡しを橋渡しを行うためのもので、ケアマネージャーの主な仕事は、ケアプランの作成が主となります。

    ケアマネージャー求人は公営の施設に限らず、民間で経営される介護施設にも多くあります。

    民間の施設においても、介護者が必要と思われる医療者とのマッチングであるケアプランの作成を行います。

  • 介護の勉強のために短期バイトを希望するケースも

    現代の高齢化に向けて施設などに入れず、在宅介護をしているという家庭もあります。


    自分の両親などもいずれは介護を必要とする、また現在介護しているという方も大勢おり、そのような方が介護についての勉強として短期間介護の仕事をするという方もいます。


    またその逆に家族の介護経験を活かして、介護の仕事をする場合もあります。


    高齢者以外にも介護を必要としている所は多く、介護士が勤務できる職場というのは色々とあります。


    ・知的障害者施設
    ・身体障害者施設
    ・社会福祉施設

    など介護士は、多くの場で活躍が出来る仕事でもあります。


    短期・単発で介護の仕事を考えているという場合は、介護士求人サイトや人材紹介サービスですと求人案件も多数あります。


    週に1日、2日くらいの勤務を希望されている方も、思った以上に希望条件に該当する介護求人が見つかると思いますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。


  • 介護の仕事の特徴

    まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

    介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

    訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

    次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

    また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

    施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

    健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

    他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

    訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

    最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

    特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

    ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

    ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

    その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。

このページの先頭へ