岡山県ケアハウスの就職・転職先を探す方法は?

  • 岡山県ケアハウスの求職をする場合、学生であれば、就職指導課で相談しながら、学校に来る求人票を見ることができます。

    卒業生が多く採用されているような施設であれば、先輩から施設の情報を聞き職場を選ぶよい材料になります。

    実習中も、その職場をのぞくいいチャンスです。

    どんな職員がいるのか、勤務体制はどうなのか知ることができます。

    実習先が実習生を気にいって、就職しないかと声をかけられることもあります。

    求人
    すでに、卒業している人や転職で介護士の求職をする場合は、ハローワークや福祉人材センターに登録して仕事を探したり、インターネットで求人を探すなどさまざまです。

    ハローワークでは、福祉職を希望している人のためのセクションが用意されている所もあります。

    福祉人材センターとは、都道府県に所在し、福祉職を特化して探せる職業安定所のようなところです。

    ここを利用する利点は、求人先に問い合わせてすぐに面接というのではなく、一度、職場を見学させてもらい、職場の中の様子を見たり、面接では質問できないことを聞けたりする日を、人材センターを介して設定してもらえるところです。

    職場の様子を面接前にチェックして、自分に合うのか判断するのにとても有効です。

    最近は、インターネットで求人を探す方が増えています。

    インターネットで求人を探すメリットは、『無料』で『あなたの就労条件』を聞き『未公開の多数の求人を紹介』してくれて『面接の準備』から『就職後のケアー』まで、責任を持ってサポートしてくれるところです。

介護士の就職・転職先に求めるモノは明確になっていますか?

  • 介護士の就職・転職をする際に以外と多いのが、現職への不満が募って・・・というもの。

    そういった理由での転職の際には、現職の嫌なところばかりに意識が行ってしまい、現職の良いところを考えることを忘れてしまいがちです。

    人生を左右するかもしれない転職だからこそ、転職後に絶対に後悔しないように、勢いだけで決めるのではなく、

    かならず、「現職のどこが不満なのか?」をひとつひとつ明確にすると同時に、 「現職の良かったところ」もきちんと明確にすることが大切です。

    それらを踏まえて、 次の職場に求める条件を、優先順位を付けて箇条書きにしておくと良いですよ。

岡山県 介護の取り組み

  • 岡山県介護の具体的な取組内容(参入促進)

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

    ○ 介護に携わる仕事のやりがいや魅力を伝える講演会等の啓発行事を開催(介護フェア)【基金】
    ○ 介護や介護職に対する興味・関心を持ってもらうため、中学校・高校で「福祉・介護のしごと出前講座」を実施【基金】

    ⇒○職業の選択時に介護職も検討される

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○介護福祉士養成校の職員が高校等を訪問し、学校の紹介とともに、介護の仕事についてその魅力等について説明。【基金】

    ⇒○職業の選択時に介護職も検討される

    その他の「参入促進」の取組

    ○介護の職場を実際に知ってもらうために職場体験事業を実施(3~10日間) 【基金】
    ○介護の職場を実際に見てもらうための福祉のしごと職場見学ツアーを実施。
    バスで一日に2カ所の福祉の事業所を訪問し見学、職員や利用者とも交流する。(5コース) 【基金】

    ⇒○職業の選択時に介護職も検討される

    介護士転職詳細を確認

    岡山県の人口構成の変化

    岡山県の高齢者人口

    今後、0歳から14歳までの年少人口と15歳から64歳までの生産年齢人口が減少する一方で、65歳以上の高齢者人口が増加し、高齢化率は平成32年に30.5%になり、その後も30%台が続きます。

    高齢者のみの世帯数

    平成22年の国勢調査をもとにした世帯数の推計によると、本県の高齢者の単独世帯数は平成32年(2020年)にかけて急速に増加し、平成37年(2025年)に10万世帯に達した後も緩やかに増加し続けます。

    要支援・要介護認定者数

    岡山県において、要支援認定又は要介護認定を受けている者(要支援・要介護認定者)の数は、10万9千人(平成25年度末)で、その内訳は、97.9%が65歳以上の第1号被保険者、2.1%が40歳から64歳までの第2号被保険者となっています。

    介護給付等対象サービスの利用状況

    介護給付及び予防給付対象サービス(介護給付等対象サービス)に係る費用は、利用者の増加等により平成12年度の678億2千万円から、平成25年度の1,553億7千万円と2.3倍になっています。

    岡山県介護今後の課題

    今後、岡山県の後期高齢者は増加し、高齢者のみの世帯も増加することから、次のような状況が見込まれます。

    ① 要支援・要介護認定者の88.6%が後期高齢者である現状を踏まえると、今後、さらに要支援・要介護認定者が増加します。

    ② 要支援・要介護者の58.1%が「認知症高齢者の日常生活自立度」がⅡ以上であり、年齢が高くなるほどその割合が高くなる現状を踏まえると、今後、さらに認知症高齢者が増加します。

    ③ 食事づくり、買物、金銭管理、ごみ出しなどの生活管理は、一般的に家族が共同して行っていることを踏まえると、日常生活に支障を来し、生活支援の必要な高齢者が増加します。

    さらに、
    ④ 要支援・要介護状態や認知症の高齢者の増加により、介護サービスの需要が増大しますが、生産年齢人口の減少で産業全体の労働力が低下する中、介護人材が不足します。

    ⑤ 介護サービスの利用者の増加等によりサービスに係る費用が増加し、被保険者の保険料負担と市町村や県の公費負担が重くなります。

    計画の目標

    ○在宅医療と介護の連携の推進
    ○認知症施策の推進
    ○生活支援と介護予防の推進
    ○高齢者の住まいの安定確保
    ○介護人材の確保
    ○在宅サービスの充実・強化

    在宅医療と介護の連携の推進

    高齢者が可能な限り、住み慣れた地域で日常生活を継続しながら、必要な医療と介護が受けられるよう、医療・介護関係団体の協働のための合意形成や市町村の取組を支援します。

    認知症施策の推進

    認知症高齢者のさらなる増加が見込まれることから、認知症になっても本人の尊厳が重視され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けることができるように、早期から適切なサービスを受けることができる体制の整備や地域における見守り支援が広がるようにするための市町村の取組を支援します。

    地域ケア会議の推進

    地域ケア会議は、地域包括ケアシステムの構築に有効な手段となることから、市町村において、地域ケア会議が設置され、個別ケースの検討や地域課題の検討が行われるよう、市町村の取組を支援します。

    中重度者を支える在宅サービスの普及促進

    中重度の要介護者や高齢者のみの世帯等が増加することから、要介護状態となっても可能な限り住み慣れた地域で継続して日常生活を営むことができるようにするため、毎日複数回の訪問と通いと泊まりの機能を柔軟に組み合わせて、高齢者の日常生活全般を支えるサービスが普及するよう、事業者の新規参入に向けた働きかけを行います。

    地域支援事業の推進

    介護予防・日常生活支援総合事業(新総合事業)の実施が市町村に義務付けられたことから、市町村の取組が円滑に進むように支援します。

    介護予防・生活支援サービスの基盤整備の推進

    民間企業、NPO、ボランティア団体等の多様な主体が介護予防・生活支援サービスの担い手となって高齢者の在宅生活を支えることができるよう、生活支援コーディネーターの養成や高齢者等への普及啓発を行うなどを行います。

    介護予防の推進

    全ての市町村において、住民運営の様々な通いの場が誕生し、高齢者の居場所と出番の創出を通じた介護予防の取組が拡充するよう支援します。

    高齢者の住まいの安定確保

    高齢者が状態の変化に応じて住まい方を選択できるようにしながら、要介護状態となっても、必要な医療・介護・生活支援サービスを利用して、住み慣れた地域での生活を継続できるように、地域包括ケアシステムの前提となる高齢者の住まいの安定確保に向けた取組を進めます。

  • 介護職員とケアマネージャーの確保

    少子高齢化社会が問題とされている現在ですが、それに伴い介護に対する問題も増えてきています。

    夫婦共働きの家庭が増える中で、家にご老人を1人で置いておくというのは不安が残りますよね。

    1人暮らしの老人も増え、孤独死などの問題も増えてきています。

    そうした問題が増えてくる中、各都道府県では介護施設を多く建設しています。

    介護職員の人材不足も叫ばれていますが、ケアマネージャーの求人も施設の増加に伴い増えていっています。

    施設が増えるのはいいことなのですが、介護職員はもちろん、その利用の架け橋となるケアマネージャーも必要とされています。

    介護福祉施設では介護職員の求人と並行し、ケアマネージャー求人にも力を入れているわけです。

    これから高齢化がますます進む中、介護福祉施設の増設だけでなく、介護職員、ケアマネージャーの確保とまだまだ課題が残されているようです。

    逆をいえば、その方面の仕事を目指している方には、今後活躍の場が増えるということになります。

    この機会に介護員、ケアマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。

  • 福祉用具専門相談員の仕事内容

    福祉用具専門相談員 とは

    【仕事の内容】
    日常的かつ恒常的に使用する用具や、訓練のための用具、装着具についての相談(助言)やコーディネートを行うお仕事

    ①車いす、特殊ベッドなど、ご利用者ご本人の生活スタイルや住環境に合わせて最適な用具を選ぶための相談に乗り、アドバイスを行う
    ②用具の使い方、メンテナンスの仕方などのアドバイスを行う
    ③福祉用具購入やレンタルの際の助成書類作成補助 など

    【勤務場所】
    居宅・福祉用具販売店・介護老人保健施設(老健)など

    【必要な資格】
    介護福祉士・社会福祉士・義肢装具士・保健師・看護師・OT・PT・福祉用具専門相談員講習修了者 など

  • 介護職に派遣で働いています!

    介護職派遣求人を探している方の多くが、育児・子育てや親の介護などを理由にフルタイムで働けない状況にあります。
    中には、ご自分の資格取得やキャリアアップのための時間を捻出するために、一定期間は働く時間をセーブしたいというケースもあります。
    それでも「働きたい」「稼ぎたい」という気持ちが強いからこそ、「派遣」という形で働くことを選択されています。

    介護の現場で「派遣」として働いている先輩たちの生の声・体験談をご紹介します。

    介護職の派遣で働いています!◆子供中心の生活を守りながら、進学費用にも備えたかったんです
    中学生の息子が二人います。今後、二人が進学していくことを考えるとお金は貯めたい。でも、部活に受験にと、毎日、子供たちのことに追われる日々で、社員として働くのは無理・・・。
    そこで介護専門の転職サービスに相談したのですが、出産前に働いていたキャリアを認めてくれて、いくつかの施設を好条件で紹介してくれました。
    今、お仕事しているのはデイサービスなので、夜勤もなく、シフト制で土日にも休みが取れます。
    こんなに融通が聞くのに、給与がしっかり常勤並みにもらえるので、お金の不安が解消されて、本当によかったです。
    子供の塾の費用や受験にかかる費用も順調に貯金できるようになり、「派遣」を選択して本当によかったです。

    ◆介護との両立には、派遣の日勤がすごく便利でした!
    最近、父の介護が必要になりました。姉も協力してくれますが、姉はお店をやっているのと、3人の子育てであまり関われません。私も収入が必要なので働かないわけにはいかず、介護専門の派遣を紹介してくれるところに登録してみました。
    担当者さんがすごく親身になって私の話を聞いてくれて、派遣を決めるときにも心強かったです。
    担当者さんとよく話し合い、週4日の日勤のみの有料老人ホームを紹介してもらいました。派遣契約でしっかり帰れるので安心です。元気な高齢者の方が多く、今は仕事が介護の気分転換になっています。

    ◆初めての業種だから自分に合う施設形態を探せてよかったです。
    ずっと勤めていた会社を退職。これからは介護だと思い、ヘルパーの資格を習得しました。でも、いざ働くとなると、色々な施設形態があり、“自分には何が合うのか”がわかりませんでした。
    派遣という働き方は、さまざまな職場にトライできるのがいいところ。個人での転職活動は情報収集したり条件交渉したりと何かと面倒だと思いますが、介護専門の転職サービスに紹介してもらうので、仕事探しがすごくスムーズにできました。
    いろんなタイプの施設で経験を積み、今は特養に絞りました。同じ特養でも施設によって雰囲気がかなり違うのが面白くて、今は派遣で色んな職場で働いていきたいと思っています。

  • 介護施設の種類と特徴

    介護施設の種類と特徴

    デイサービス
    自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

    【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

    特別養護老人ホーム
    身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

    【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

    グループホーム
    認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
    スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

    【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

    有料老人ホーム
    主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

    【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

    ショートステイ
    短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

    【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

    サービス付き高齢者向け住宅
    一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

    【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

    老人保健施設
    入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
    ※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

    【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

    小規模多機能施設
    自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

    【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

    訪問介護
    自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
    ※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

    【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

    訪問入浴
    ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

    ケアハウス
    助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。


このページの先頭へ