長野県訪問介護の就職・転職先を探す方法は?

  • 長野県訪問介護の求職をする場合、学生であれば、就職指導課で相談しながら、学校に来る求人票を見ることができます。

    卒業生が多く採用されているような施設であれば、先輩から施設の情報を聞き職場を選ぶよい材料になります。

    実習中も、その職場をのぞくいいチャンスです。

    どんな職員がいるのか、勤務体制はどうなのか知ることができます。

    実習先が実習生を気にいって、就職しないかと声をかけられることもあります。

    求人
    すでに、卒業している人や転職で介護士の求職をする場合は、ハローワークや福祉人材センターに登録して仕事を探したり、インターネットで求人を探すなどさまざまです。

    ハローワークでは、福祉職を希望している人のためのセクションが用意されている所もあります。

    福祉人材センターとは、都道府県に所在し、福祉職を特化して探せる職業安定所のようなところです。

    ここを利用する利点は、求人先に問い合わせてすぐに面接というのではなく、一度、職場を見学させてもらい、職場の中の様子を見たり、面接では質問できないことを聞けたりする日を、人材センターを介して設定してもらえるところです。

    職場の様子を面接前にチェックして、自分に合うのか判断するのにとても有効です。

    最近は、インターネットで求人を探す方が増えています。

    インターネットで求人を探すメリットは、『無料』で『あなたの就労条件』を聞き『未公開の多数の求人を紹介』してくれて『面接の準備』から『就職後のケアー』まで、責任を持ってサポートしてくれるところです。

介護士の就職・転職先に求めるモノは明確になっていますか?

  • 介護士の就職・転職をする際に以外と多いのが、現職への不満が募って・・・というもの。

    そういった理由での転職の際には、現職の嫌なところばかりに意識が行ってしまい、現職の良いところを考えることを忘れてしまいがちです。

    人生を左右するかもしれない転職だからこそ、転職後に絶対に後悔しないように、勢いだけで決めるのではなく、

    かならず、「現職のどこが不満なのか?」をひとつひとつ明確にすると同時に、 「現職の良かったところ」もきちんと明確にすることが大切です。

    それらを踏まえて、 次の職場に求める条件を、優先順位を付けて箇条書きにしておくと良いですよ。

長野県 介護の取り組み

  • 長野県の少子高齢化の現状と見通し

    1)人口
    (1)人口の推移及び将来人口推計
    長野県の現在の人口は、約211万人(平成26年10月1日)です。国勢調査によると、人口は平成12年以降減少に転じ、平成37年(2025年)には約194万人、平成47年(2035年)には約176万人になる見込みです。
    総人口が減少する中、高齢化率(総人口に占める65歳以上人口の割合)は一貫して上昇を続けており、平成22年には県民の4人に1人が高齢者であったのが、平成42年には3人に1人が高齢者という状況になることが予想されます。

    (2)高齢者人口の推計
    65歳以上高齢者のピークは平成32年(2020年)で、64.5万人になると推計されています。また、75歳以上人口のピークは平成42年(2030年)で、40.1万人になると推計されています。
    75歳以上人口を老人福祉圏域別に見ると、平成42年には7つの圏域でピークとなりますが、木曽圏域では平成27年(2015年)、諏訪圏域では平成37年(2025年)、佐久圏域では平成47年(2035年)と地域によってピークが異なっており、地域の特性に応じた施策が必要と考えられます。

    (3)認知症高齢者数の推計
    長野県における認知症高齢者数は、厚生労働省が推計した高齢者人口に占める認知症高齢者の有病率(全国平均)を用いて推計したところ、平成27年には9.8 ~ 10.0万人、平成37年には12.2 ~ 13.2万人前後になるという結果になっています。また、高齢者に占める認知症者の比率は、平成27年には15.7 ~ 16.0%ですが、平成37年には19.0 ~ 20.6%近くになると推計されています。
    これは、75歳以上の高齢者の割合が高くなることが原因と考えられます。

    2)高齢者世帯の状況
    高齢者単身世帯は平成17年には16.5%でしたが、平成22年には18.7%と増えています。
    将来の推計も、世帯数及び高齢者世帯に占める割合ともに増加していくことが予想されています。
    一方、高齢夫婦のみの世帯は、25.4%(平成17年)から26.5%(平成22年)に上昇していますが、平成32年(2020年)をピークに、その後は緩やかに減少することが予想されています。

    3)長野県高齢者の特徴
    (1)就業・生きがいの状況
    長野県の高齢者の就業率は、全国第1位であり、年齢を重ねても生産活動に従事し続けている県民が多くいると言えます。元気な高齢者を対象に「参加したい・参加できると思う活動」を尋ねたところ、「働くこと」が上位に挙がっており、就業率と就業意欲の高さが長野県の特徴と言えます。
    また、「生きがいがあるか」という問いには、元気高齢者の約85%が「ある」と回答しており、就業を含めた何らかの活動に従事し、充実した生活をおくっている高齢者の姿がうかがえます。

    (2)健康長寿県
    長野県の平均寿命及び年齢調整死亡率は、男女ともに全国の最上位に位置しています。
    また、平成24年度の一人当たりの後期高齢者医療費は都道府県別で低い方から4番目に少なく、高齢者の就業率が全国で最も高いことなどから、全国有数の健康長寿県であると言えます。

    介護士転職詳細を確認

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

  • 介護職の求人は、転職支援サイトで見つける

    転職支援サイトに登録すると、夜勤なしの求人情報や非公開の求人情報を教えてくれるだけでなく、たくさんの手厚いサポートをしてくれます。
    だからこそ、介護福祉施設の中でもお給料が高い介護施設、雰囲気のいい介護施設に、より早く就職・転職できるんです。

    介護職の転職・就職に詳しい転職のプロに頼むメリット

    介護職員さんの転職サポートを専門にするアドバイザーが、完全無料で納得の転職を実現するためのお手伝いをしてくれます。


    夜勤なしのお仕事を探しているあなたの希望条件に見合った求人を提供してくれます。

    インターネットや雑誌で夜勤なしの求人や募集情報を探す時、「もっと深い情報や現場の情報が欲しい」と思ったことはないですか?
    転職をサポートしてくれるアドバイザーは、現場のことをとてもよく知っていて、普通はそこで働いていないと分からないような情報をたくさん知っています。
    現場の雰囲気やどんな上司か・・・などの情報をあなたに事前に伝えられるよう、しっかり現場を訪問しているのです。

    これで、インターネットや雑誌に掲載されている求人情報からは分からない、夜勤なしの介護士求人の中身の濃い情報を事前に確認したうえで、応募するかどうかの判断ができますね!
    後悔のない、納得の転職が実現できるのです!


    転職の際につい見落としがちになってしまう注意点なども、アドバイスしてくれます。

    面接対策から給与・待遇面での条件交渉、円満退社の為のフォロー、転職後のアフターサポートまで、あなたの大切な転職を二人三脚でバックアップしてくれるところもあります!

  • ケアマネージャー(介護支援専門員)の職場とは?

    ケアマネージャー(介護支援専門員)のお仕事は、介護・福祉業界で活躍できて、やり甲斐のあるお仕事です。

    介護保険法によって介護が必要になった方に、介護サービスプランを作成し、適したサービスを受けられるよう取りまとめるのがケアマネージャー(介護支援専門員)であり、職に就くには実務経験を経た上で都道府県の実施する試験に合格する必要があります。

    実際にどのような職場で働くことができるのか、確認しておきましょう。あなたのお住いの近く以外にも、今まであなたの選択肢になかった職場を見つけられるかもしれません。

  • 無資格でも大丈夫!介護施設の求人を見つける方法

    数多くのホームヘルパーの求人や介護施設の情報を見つけるためにはインターネットの利用が便利です。

    介護関連の就職情報を扱うポータルサイトではホームヘルパーの求人を給与、働き方、エリアなどで絞り込みをかけて検索することもでき、介護施設の設備情報やサービス内容を一覧することが出来たり、都道府県別の仕事情報を効率的に集めることが可能となっています。

    求人ページから簡単に就職採用面接のためのエントリーができたり、問い合わせを行う事の出来るメールフォームが完備されていることもありますので有効に利用して仕事へと繋げることも可能です。

    介護等の資格がある場合には採用に有利になりますので持っている資格として応募時に忘れずに入力することが大切です。

    介護職は社会的ニーズが高く、無資格OKの施設や中高年などシニア層でも働くことができる場所もあるため、働きながら介護の資格を取りたい方やベテランの方もこうしたサービスを利用して職場を見つけることが可能です。

  • 転職支援サイトでの就職・転職成功者の声

    ケアマネージャー 千葉県 (50代前半 女性)

    初めての転職活動で少し不安でした。登録させていただいた一番の理由は、面接に同行していただける点でした。事前に、面接でどのようなことを重視して話をしたらよいかのアドバイスもあり、もちろん会社の情報も前もってインプットしていただき、安心して面接に臨むことができました。ありがとうございました。

    【担当エージェントについて】
    担当のエージェントさんには本当にお世話になりました。
    一番はじめのお電話で私の気持ちをくみ取ってくださり、
    なおかつ自分自身でもよくわかっていない私の適性を判断され、私に合う環境のところをご紹介して下さいました。

    面接で緊張してうまく話せない私に代わって、聞きたいことをお話しして下さって、本当に感謝でした。
    いつも絶妙なタイミングでお電話をくださり、私の気持ちを聞いてくださいました。
    何もかも安心しておまかせすることができたのは、担当者さんのお人柄とふところの大きさのおかげさまだと思います。

    就職してからも少しでも不安なことがあれば、相談できる人がいらっしゃるということは本当に心強く安心です。
    どうかこれからもよろしくお願いいたします。
    本当にありがとうございました。

    ヘルパー 栃木県 (20代 女性)

    他社を使った事がないので比較はできませんがサービス面では特に不満等はありませんでした。

    【担当エージェントについて】
    私からのしつこい質問攻撃にも毎回丁寧に答えて下さってとても感謝しています。
    紹介頂いた職場もきちんと私の希望が反映されてて実際に働きに行くのが楽しみでもあります。
    希望の地域が地域なので求人を探すのも大変だったと思います。

    働きながらの転職活動は思ったよりも大変でしたがサポートがあったからこそ、いくつものやまを越えることができました。
    本当にありがとうございました。
    もうしばらく私からのメール攻撃にお付き合い頂くことになるでしょうがよろしくお願いしますね(笑)

    ケアワーカー 東京都 (50代 男性)

    今回、初めて人材紹介サービスを利用しました。
    あまり期待しないで、インターネットから登録したのですが素早い連絡と希望に沿った案件の紹介に驚きました。
    自分では短時間で幅広く探せませんし、希望の年収などもこちらからはなかなか言い出せないものなので助かりました。

    【担当エージェントについて】
    介護業界という事もあるのでしょうが、一度もお会いしないでいきなり面接同行という方法はかなりびっくりしました。
    大変なお仕事ですね。
    担当者さんは落ち着いていて、感じの良い方だったので安心しました。

このページの先頭へ