宮崎県訪問介護の就職・転職先を探す方法は?

  • 宮崎県訪問介護の求職をする場合、学生であれば、就職指導課で相談しながら、学校に来る求人票を見ることができます。

    卒業生が多く採用されているような施設であれば、先輩から施設の情報を聞き職場を選ぶよい材料になります。

    実習中も、その職場をのぞくいいチャンスです。

    どんな職員がいるのか、勤務体制はどうなのか知ることができます。

    実習先が実習生を気にいって、就職しないかと声をかけられることもあります。

    求人
    すでに、卒業している人や転職で介護士の求職をする場合は、ハローワークや福祉人材センターに登録して仕事を探したり、インターネットで求人を探すなどさまざまです。

    ハローワークでは、福祉職を希望している人のためのセクションが用意されている所もあります。

    福祉人材センターとは、都道府県に所在し、福祉職を特化して探せる職業安定所のようなところです。

    ここを利用する利点は、求人先に問い合わせてすぐに面接というのではなく、一度、職場を見学させてもらい、職場の中の様子を見たり、面接では質問できないことを聞けたりする日を、人材センターを介して設定してもらえるところです。

    職場の様子を面接前にチェックして、自分に合うのか判断するのにとても有効です。

    最近は、インターネットで求人を探す方が増えています。

    インターネットで求人を探すメリットは、『無料』で『あなたの就労条件』を聞き『未公開の多数の求人を紹介』してくれて『面接の準備』から『就職後のケアー』まで、責任を持ってサポートしてくれるところです。

介護士の就職・転職先に求めるモノは明確になっていますか?

  • 介護士の就職・転職をする際に以外と多いのが、現職への不満が募って・・・というもの。

    そういった理由での転職の際には、現職の嫌なところばかりに意識が行ってしまい、現職の良いところを考えることを忘れてしまいがちです。

    人生を左右するかもしれない転職だからこそ、転職後に絶対に後悔しないように、勢いだけで決めるのではなく、

    かならず、「現職のどこが不満なのか?」をひとつひとつ明確にすると同時に、 「現職の良かったところ」もきちんと明確にすることが大切です。

    それらを踏まえて、 次の職場に求める条件を、優先順位を付けて箇条書きにしておくと良いですよ。

宮崎県 介護の取り組み

  • 宮崎県の具体的な介護取組内容(参入促進)

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○進路指導担当教職員を対象とした講習会や、中・高生等を対象とした出張講座、介護事業所等の見学会を開催し、「福祉・介護の仕事」の理解を促進【基金】
    ○UIJターン就職希望者等を介護事業所・施設でのOJT等による訓練を実施し就職を目指す

    ⇒●①進路指導担当の教職員向け講習会:12回
    ②「福祉のお仕事」出張講座:12回
    ③福祉の職場見学会参加者:50人
    ●UIJターン等就職支援対象者:10人

    中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

    ○出産や育児を機に離職した女性や勤務経験の少ない方、定年した中高年層等を対象に、介護技術の基礎講習会を開催

    ⇒●女性・中高年層対象介護技術講習参加者:140人

    その他の「参入促進」の取組

    ○求職者等を対象に、就職面接会や仕事説明会を開催するとともに、無料職業紹介の土曜日開所を実施【基金】

    ⇒●①福祉の仕事就職面接会参加者:300人
    ②福祉の仕事説明会参加者:60人
    ③無料職業紹介事業(土曜日)来所者:100人

    介護士転職詳細を確認

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

  • あなたが求めるやりがい・働きがいとは?

    一口に「やりがい・働き甲斐」と言っても、その内容は人それぞれです。

    • 自分の能力を発揮できて、かつそれに見合うお給料をいただけること。
    • お給料は平均的にあればいいが、経験が積めること
    • 職場の雰囲気がよく、連携が取れているので自分のモチベーションもあがること

    あたながどれだけ意欲を持っていても、法人や施設・事業所の理念や運営の在り方に不満があれば、働き甲斐は感じられません。また、あなたの能力も発揮しにくくなります。

    就職・転職をする際にあなたがどんなことに喜びを感じるか、自分がやりがいを感じるときはどんな時かをまず考えてみましょう。


    あなたが見たことのない、お給料のいい介護施設の求人があるかもしれません。


  • 求人情報サイトの有効利用

    求人情報を知ることができる方法には、各市町村にありますハローワークにて情報を知ることができるほかに、最近ではパソコンやスマホなどを使用して、求人情報を知ることができ便利なのが『求人情報サイト』です。

    『求人情報サイト』では、求人に関する多くの情報を掲載しているだけでなく、働きたい職種や働きたいエリアを入力すれば、簡単に求人の情報を検索することができ大変便利です。

    新たに仕事をはじめる時は、給与も大切な条件となりますが、何よりも職種が大切で、自分が希望する職種に就職することができる方もいますが、希望する職種に就職することができない場合もあるので、一つの職種にこだわる事も大事ですが、若いうちにたくさんの資格を取得しておくことで就職に有利ともなります。

    多くの求人を募集している職種に介護職があり、ホームヘルパーの求人を募集している介護施設なども多くあることから、ホームヘルパーの求人は、これからますます増加していく求人です。

  • 無資格未経験の方にオススメ

    無資格未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

    無資格未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

    特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

    特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

    夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
    ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
    ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。
    まずは経験を積むため、適切な資格をとって体育ためと割り切ることも必要になります。

  • 介護の仕事の特徴

    まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

    介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

    訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

    次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

    また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

    施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

    健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

    他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

    訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

    最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

    特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

    ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

    ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

    その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。

このページの先頭へ