京都府デイサービスの就職・転職先を探す方法は?

  • 京都府デイサービスの求職をする場合、学生であれば、就職指導課で相談しながら、学校に来る求人票を見ることができます。

    卒業生が多く採用されているような施設であれば、先輩から施設の情報を聞き職場を選ぶよい材料になります。

    実習中も、その職場をのぞくいいチャンスです。

    どんな職員がいるのか、勤務体制はどうなのか知ることができます。

    実習先が実習生を気にいって、就職しないかと声をかけられることもあります。

    求人
    すでに、卒業している人や転職で介護士の求職をする場合は、ハローワークや福祉人材センターに登録して仕事を探したり、インターネットで求人を探すなどさまざまです。

    ハローワークでは、福祉職を希望している人のためのセクションが用意されている所もあります。

    福祉人材センターとは、都道府県に所在し、福祉職を特化して探せる職業安定所のようなところです。

    ここを利用する利点は、求人先に問い合わせてすぐに面接というのではなく、一度、職場を見学させてもらい、職場の中の様子を見たり、面接では質問できないことを聞けたりする日を、人材センターを介して設定してもらえるところです。

    職場の様子を面接前にチェックして、自分に合うのか判断するのにとても有効です。

    最近は、インターネットで求人を探す方が増えています。

    インターネットで求人を探すメリットは、『無料』で『あなたの就労条件』を聞き『未公開の多数の求人を紹介』してくれて『面接の準備』から『就職後のケアー』まで、責任を持ってサポートしてくれるところです。

介護士の就職・転職先に求めるモノは明確になっていますか?

  • 介護士の就職・転職をする際に以外と多いのが、現職への不満が募って・・・というもの。

    そういった理由での転職の際には、現職の嫌なところばかりに意識が行ってしまい、現職の良いところを考えることを忘れてしまいがちです。

    人生を左右するかもしれない転職だからこそ、転職後に絶対に後悔しないように、勢いだけで決めるのではなく、

    かならず、「現職のどこが不満なのか?」をひとつひとつ明確にすると同時に、 「現職の良かったところ」もきちんと明確にすることが大切です。

    それらを踏まえて、 次の職場に求める条件を、優先順位を付けて箇条書きにしておくと良いですよ。

京都府 介護の取り組み

  • 京都府介護の具体的な取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○介護従事者向け認知症介護初任者研修を開催【基金】
    ○喀痰吸引等業務を行う介護職員等を養成するため、指導者向け研修を実施【基金】
    ○喀痰吸引等研修を実施する登録研修期間の質の向上を図るため、定期的に会議を開催
    ○認証制度 宣言事業所を対象とする、認証取得のための支援(コンサルティング、研修等)

    ⇒●介護従事者の専門的知識・技能向上
    ●事業所の質の向上による業界全体のボトムアップ

    その他の「資質の向上」の取組

    ○認証事業所を対象に、資格取得や中堅者向け研修等、集合的な支援を実施

    ⇒●現任職員の資質の向上及び処遇改善

    人材育成に取り組む事業所の認証評価制度の検討状況

    平成25年度から「きょうと福祉人材育成認証制度」を開始。
    福祉業界を正しく理解できる情報を発信(「見える化」)することにより、新規学卒者をはじめとする若年者の福祉業界への就職・定着を促進するとともに、これからの福祉を支え、地域包括ケアを実践・推進できる中核人材を育成。
    また、福祉業界自らが、一体となって人材確保・定着に努力する環境を整備することで業界全体のボトムアップ・レベルアップを図り、学生が目指す業界への転換を目指す。
    (H27.7現在)
    ・人材育成に取り組む宣言を行った事業者410
    ・認証取得事業者138

    介護士転職詳細を確認

    京都府介護の今後の取組

    京都式地域包括ケアの実現、医療・介護・福祉サービスの一体的提供に向けて、推進機構の機能を十分に活用しながら次の事業展開を図ります。

    ■過疎地域における安定的な介護サービスの提供に向けた人材確保や仕組みづくりの取組や、「いきいきサロン」などのニーズに応じた高齢者の集い場づくりといった、地域の実情に応じた施策を積極的に展開する市町村や、専門的見地から事業展開を図る推進機構の構成団体等に対して、自由度の高い地域包括ケア総合交付金制度で支援します。

    ■その際、推進機構の機能を活用して、市町村や推進機構の構成団体が展開する事業について、計画段階から積極的に関与し、重複や効率性などのチェックを行うとともに、評価・分析に加え成功事例の収集と情報発信を行います。

    ■各分野の専門家を推進機構からスーパーバイザーとして困難事例や専門的知識を要するケースに派遣し、現場の伴走型サポートを推進します。

    ■京都府全域で展開する広域的な仕組みづくり(在宅療養あんしん病院登録システムなど)を推進するとともに、その定着と安定的な継続実施を支援します。

  • 介護職は、今後もニーズが高まる仕事です。

    人口の逆ピラミッドからも分かるように、今後は介護職はなくてはならないものであり、どんどん需要が増えていくことでしょう。
    また、介護職に携わっていれば資格や技能も活かせますし、長く続けるほど、資格が増えキャリアアップが図れます。

    せっかくの転職ですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設に就職・転職したいですよね。
    ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、多角的にみて就職・転職先を見つけるのは困難です。

    一度コチラを覗いて見る事をおすすめします。

  • 介護施設で介護士不足

    全国の介護施設で、介護士不足でたくさんの介護士求人が出ています。

    なぜ介護士求人が全国の介護施設でたくさん出ているのか。

    それは、身体的にも精神的にもかなりの労働、負担がかかるわりに給料が少ない。

    他人の排泄物などの始末をしたくない。

    など他にもたくさんの理由があり、イメージ的に悪いイメージが多いように思われています。

    確かに、そうかもしれません。私も最初はそうでした。

    ですが、介護士も嫌な事ばかりではありまさん。良いところもたくさんあります。

    たくさんのお年寄りからたくさんのことを学ぶことだってあります。

    介護施設に入所している方々は、大体の方が人生の先輩です。

    昔の知恵を教わったりすることもあります。

    何より入所している方々のありがとう。の言葉をもらうのがすごくすごく嬉しいのです。

    確かに介護士は辛いですが、そのありがとう。の一言や笑顔でその辛さがなくなります。

    介護施設で介護士として働くことはとてもやり甲斐があります。

  • 希望通りのパート介護求人を見つけるには

    介護職のパートを探す際のポイントとしては・・・

    ・研修や介護についての教育システムがあるか
    ・ブランクや未経験者への指導はあるか
    ・育児との両立、勤務時間などライフスタイルに応じた働き方ができるのか
    ・資格取得支援制度などあるのか

    施設によっては、子育て中の職員を対象に、子供手当というのもあります。この他にも、自分が働く上での必要な事もしっかりと確認しておくようにしましょう。

    ただ自分で探す場合、求人の詳細などを見ても簡単な説明しか掲載されていないため、いざ応募してみると「求人内容と違っていた」という事も少なくありません。

    そのような事態を防ぐには事前の情報収集が大切ですね。そのためには介護職専門のサイトなどに登録するという方法もあります。

    介護士求人サイトなら介護の専門に精通しているので、求人紹介施設の種類も豊富にあり、専任のコンサルタントが求人紹介や面接の調節などサポートしてくれますので、それはメリットといえます

    小さい子供がいる場合、残業なし、土日休み、急な発熱でも休めるのか?など自分では直接言いづらい、わがままな条件もコンサルタントが施設側と交渉・確認してくれます。

    このように、仕事を探す方法は色々とありますが、直接施設に質問しづらいことがあるケースほど、介護の専門サイト求人に無料登録をして就職活動を進めるほうが、ご自身の負担が少なくて済みます。より良い条件で働くことができれば、仕事に対する意欲も断然高まります。

    こうした介護求人の人材紹介会社は、完全無料で利用できます。介護士パート求人でお仕事探しをされている方は、一度相談されてみてはいかがでしょうか。


  • 介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

このページの先頭へ