石川県特別養護老人ホームの就職・転職先を探す方法は?

  • 石川県特別養護老人ホームの求職をする場合、学生であれば、就職指導課で相談しながら、学校に来る求人票を見ることができます。

    卒業生が多く採用されているような施設であれば、先輩から施設の情報を聞き職場を選ぶよい材料になります。

    実習中も、その職場をのぞくいいチャンスです。

    どんな職員がいるのか、勤務体制はどうなのか知ることができます。

    実習先が実習生を気にいって、就職しないかと声をかけられることもあります。

    求人
    すでに、卒業している人や転職で介護士の求職をする場合は、ハローワークや福祉人材センターに登録して仕事を探したり、インターネットで求人を探すなどさまざまです。

    ハローワークでは、福祉職を希望している人のためのセクションが用意されている所もあります。

    福祉人材センターとは、都道府県に所在し、福祉職を特化して探せる職業安定所のようなところです。

    ここを利用する利点は、求人先に問い合わせてすぐに面接というのではなく、一度、職場を見学させてもらい、職場の中の様子を見たり、面接では質問できないことを聞けたりする日を、人材センターを介して設定してもらえるところです。

    職場の様子を面接前にチェックして、自分に合うのか判断するのにとても有効です。

    最近は、インターネットで求人を探す方が増えています。

    インターネットで求人を探すメリットは、『無料』で『あなたの就労条件』を聞き『未公開の多数の求人を紹介』してくれて『面接の準備』から『就職後のケアー』まで、責任を持ってサポートしてくれるところです。

介護士の就職・転職先に求めるモノは明確になっていますか?

  • 介護士の就職・転職をする際に以外と多いのが、現職への不満が募って・・・というもの。

    そういった理由での転職の際には、現職の嫌なところばかりに意識が行ってしまい、現職の良いところを考えることを忘れてしまいがちです。

    人生を左右するかもしれない転職だからこそ、転職後に絶対に後悔しないように、勢いだけで決めるのではなく、

    かならず、「現職のどこが不満なのか?」をひとつひとつ明確にすると同時に、 「現職の良かったところ」もきちんと明確にすることが大切です。

    それらを踏まえて、 次の職場に求める条件を、優先順位を付けて箇条書きにしておくと良いですよ。

石川県 介護の取り組み

  • 石川県介護・福祉人材確保・養成基本計画

    少子高齢化の進展や、それに伴うひとり暮らし高齢者の増加などにより、近年、福祉サービスに対するニーズはますます増大し、また多様化しております。
    一方、その担い手は不足しており、例えば、県内の介護分野の有効求人倍率をみても、全産業を大きく上回っております。
    さらに、今後、団塊の世代の方々が後期高齢者となる2025年には、大半の高齢者はお元気であるものの、介護などの支援を必要とする高齢者も増加することが見込まれております。
    一方で、支援の担い手となる15歳から64歳のいわゆる労働力人口は大幅な減少が見込まれるなど、介護・福祉分野を取り巻く環境は大変厳しい状況であります。
    改めて申し上げるまでもなく、「福祉は人なり」といわれるように「人財」なくして福祉の現場は成り立たないことから、行政のみならず、関係者が一丸となり、介護・福祉人材の量と質の両面から確保していくことが喫緊の課題であります。
    また、高齢化社会への対応は地方創生の観点からも必要であり、このような待ったなしの課題に対応していくため、このたび、行政と関係者が問題意識を共有し、今後10年間の中長期的な視点で取り組むべき施策の方向性を示す「石川県介護・福祉人材確保・養成基本計画」を策定いたしました。
    石川県介護・福祉人材確保・養成基本計画では、人材確保と資質向上の二つの視点から、学卒就職者の確保、他分野からの就業促進、潜在介護・福祉人材の再就業促進、就業者の定着促進、職員向け研修の強化、経営者・施設管理者向け研修の強化について体系立てて取り組むこととしております。

    介護士転職詳細を確認

    石川県の介護・福祉人材を取り巻く現状

    県内人口の推移

    将来推計人口によると、いわゆる団塊の世代が75歳以上となる2025年に向け、後期高齢者人口が増加する一方、生産年齢人口が減少すると推計されています。

    県内の雇用情勢

    県内の介護関係有効求人倍率は、全産業に比べ高水準で推移しています。

    介護・福祉事業所及び従事者に関する実態調査の結果概要

    県内介護・福祉事業所等の実態を把握するため、2,803事業所及び6,420名の従事者に対して、採用、勤務環境、人材育成等の実態や、従事者が仕事に就いた理由などについて調査し、1,972事業所及び3,766名の従事者から回答がありました。

    職員の採用状況
    新規採用者のうち、学卒就職者が24.3%、転職者が75.7%となっており、介護や障害分野では学卒就職者の割合が低くなっています。

    事業所の人材不足感
    介護事業所において、54.2%が人材不足と感じているなど、人材不足感が高くなっています。

    介護・福祉分野に就職した理由
    従事者が介護・福祉の仕事を選んだ理由として「働きがいのある仕事だと思ったから」が1番多くあげられています。

    職員の募集方法
    職員を募集する場合、ほとんどの事業所がハローワークを活用している一方、介護・福祉分野の職業あっせん機関である福祉人材センターがあまり活用されていません。

    インターネットの活用状況
    ホームページを開設していない事業所が23.5%あるなど、インターネットが普及する中、その活用が低調となっています。

    離職率及び離職理由について
    介護職員の離職率は15.3%となっています。
    また、離職理由では、「法人や事業所の理念・運営のあり方に不満」などが挙げられています。

    給与等の処遇条件、勤務上の悩みについて
    定期昇給や資格手当の制度が無い事業所が約3割となっています。
    また、賃金水準の問題に加え、人手不足の中で、休みが取りにくいことなどをあげる者が多くなっています。

    資質向上の取組状況
    今後受講してみたい研修として「専門職としての資質向上のための研修 」を挙げた者が48.7%などとなっています。
    外部研修を受けやすい体制づくりがある職場と答えた従事者は42.0%となっています。
    また、積極的に研修に参加させていると答えた事業所は、従事者が50人以上の事業所が74.4%となっている一方、49人以下の事業所は63.0%と、11.4ポイント低い結果となっています。

    管理・経営者の意思伝達について
    従事者の悩みとして「管理職等の業務の指示が分かりにくい」と答えている者が17.9%、「法人の基本方針、理念が分かりにくい」と答えている者が12.3%となっています。

    潜在介護人材に対する実態調査の結果概要

    県内介護福祉士・ホームヘルパー資格取得者6,781人に対して、現在の就業状況や、働いていない理由、再就業希望などについて調査し、1,442人から回答があり、このうち現在介護分野で就業していない方は51.4%でした。

    (1)現在介護分野で働いていない潜在介護人材の介護分野への就業意向
    積極的に再就業を希望する者が16.9%となっています。

    (2)再就業希望者が再就業の際に希望する支援
    「希望に合致する求人情報の提供」「必要な研修や教育を受ける機会」「職場の雰囲気を紹介する仕組み」を挙げる者が多くなっています。

    取組の視点と役割

    取組の視点
    今後、人口構成が大幅に変動する中においても、県民の生活の基盤となる介護・福祉サービスの量と質をしっかりと確保し、本県ならではの質の高いサービスを安定的に提供していくため、介護・福祉サービスを支える介護・福祉人材の確保と養成が喫緊の課題です。

    (1)介護・福祉人材の確保
    介護・福祉分野における人材確保については、これまでも学卒就職者等、様々なルートからの入職者がいる一方で、多くの離職者がいることを認識しなければなりません。
    これを踏まえ、以下の2つの視点に基づき、今後の介護・福祉ニーズの増加に対応できるよう、介護・福祉人材の確保について体系立てて取り組む必要があります。

    ① 新規就業者の参入促進対策
    介護・福祉関係養成校を中心とした学卒就職者を確保するとともに、他分野を何らかの理由で離職した者の介護・福祉分野への就業を促進するほか、介護・福祉分野の資格所持者や就業経験がありながら現在働いていない潜在介護・福祉人材の再就業を促進するなど、幅広い参入ルートからしっかりと介護・福祉分野への就業者を確保することが重要です。

    ② 就業者の定着促進対策
    働きやすい職場環境づくりなど、介護・福祉職場で現に就業している者の定着を促進し、他分野への転職者を極力減らすことが重要です。

    (2)介護・福祉人材の資質向上
    介護・福祉人材の資質向上については、認知症高齢者、発達障害児への対応など、各分野で高まる専門性に対応できる人材の養成が重要です。
    そのため、介護・福祉職員がキャリアアップ・スキルアップするための研修を充実させるとともに、経営者・施設管理者に対しては、更なるマネジメント力の向上を図る研修等を充実させることが重要です。

  • 介護施設の職場とは?

    【特養】介護老人福祉施設 特別養護老人ホーム

    【特養】の略称で知られる施設の正式名称は「介護老人福祉施設 特別養護老人ホーム」です。

    身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所です。

    <特徴>
    ・医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない
    ・介護度の高い方が多いため、技術が高まる
    ・長期的なケア提供が可能

    【老健】介護老人保健施設

    入院の必要がなくなった、 マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、 短~中期的にケアする場所。
    ※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提です。

    <特徴>
    ・機能回復を目指した介護を行う
    ・快復(もしくは維持)への変化が実感できる
    ・多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる

    【グループホーム】認知症対応型共同生活介護事業所

    【グループホーム】の略称で知られる施設の正式名称は「認知症対応型共同生活介護事業所」です。

    要介護度1以上で、認知症状があるものの、 自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
    スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

    <特徴>
    ・少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい
    ・施設でありながら、家庭的な雰囲気である
    ・提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)

    【ケアハウス】介護利用型軽費老人ホーム

    【ケアハウス】の略称で知られる施設の正式名称は「介護利用型軽費老人ホーム」です。

    自立はしているものの、自炊不可能なほど、身体機能低下がある60歳以上の高齢者で、 独居に不安があるが、家族の援助が困難な方が生活する場所。
    他の施設に比べ安価で入居できるため所得制限などがあります。
    ※共同生活の場であるため、認知症などの症状がみられると退去となる場合もあります。

    【ケアホーム】障がい者共同生活介護事業所

    【ケアホーム】で知られる施設の正式名称は「障がい者共同生活介護事業所」です。

    身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所です。

    【老人ホーム】介護付き有料老人ホーム

    【老人ホーム】で知られる施設の正式名称は「介護付き有料老人ホーム」です。

    主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。
    民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもあります。
    入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なります。

    【サービス付き住宅】サービス付き高齢者向け住宅

    【サービス付き住宅】の正式名称は「サービス付き高齢者向け住宅」です。

    一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。 一般住宅のため、入居条件等は物件により異なります
    極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。
    ※介護提供は訪問介護として行います。

    【ホームヘルプ】訪問介護サービス

    【ホームヘルプ】の正式名称は「訪問介護サービス」です。

    自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、 その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
    ※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行います。

    【ショートステイ】短期入所生活介護

    【ショートステイ】の正式名称は「短期入所生活介護」です。

    自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、一時的な宿泊サービス提供する場所。

    【デイ】デイサービス 通所介護事業所

    【デイ】の正式名称は「デイサービス 通所介護事業所」です。

    自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。
    介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんどです。

    【地域密着型サービス・小規模】小規模多機能型居宅介護

    【地域密着型サービス】の正式名称は「小規模多機能型居宅介護」です。

    自宅で生活をしながら介護を受けている人に対し、在宅・通所・宿泊を一体化して提供する場所。

  • ケアマネージャーの資格をお持ちなら

    将来、きっとお世話になる老人介護施設や、介護の認定などに携わる重要な仕事のケアマネージャーの資格をお持ちなら、ケアマネージャーの求人で仕事を探しませんか。

    人材不足が懸念されている状況で、多くの居宅介護支援事業所で、ケアマネージャーの増員を図っています。

    利用者様の都合に合わせて動くから、土日がお休み、残業なしはなかなか難しい仕事ですが、極力、都合に合わせてくれる事業所もあるから、ケアマネージャー求人を探すなら都道府県別の施設で検索してください。

    一人では不安だというなら、複数人が在籍する事業所のケアマネージャーの求人を探すこともできるから安心です。

    せっかく就職した先では、長く勤めたいのは誰しも思うものです。

    面接時に、しっかり話を聞いて、自分の希望も伝えておきましょう。

    後で言っておけばよかったと思うのは遅いので、自分の希望は事業所に伝えておくべきです。

    都道府県別でケアマネージャーの求人が探しやすいから、働きたい地域がきっとみつかります。

  • パート勤務するメリット

  • ご主人や子供と向き合う時間を持てる!

    お母さんは家庭の太陽でなければなりません。ご主人も子供も、外では気を使い、責任感を果たしてくたくたになって帰ってきます。家庭が充電場所になっていることが大事です。
  • 子供の成長に合わせて、労働時間を変えられる!

    子供が大きくなると、お仕事できる時間が変わってきます。土日も部活や塾に行き始めると、その間お仕事できるかもしれませんね。
    もっと大きくなると、お母さんがお仕事に行っててもちゃんとお留守番ができるようになります。そうなると、パート勤務ではなくて正社員としてお仕事できるようになるかもしれません。
    その時は、パート勤務で培った経験や知識を活かしてキャリアアップが図れます。
    今はそのための準備期間でもあります。


    ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、などを多角的・総合的に見る目を持っているのは、転職のプロです。
    自分1人で、多角的・総合的に検討するのは困難です。
    プロの力を借りて、スピーディにパート勤務をスタートさせるのがおすすめです。

  • 介護の仕事の特徴

    まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

    介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

    訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

    次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

    また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

    施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

    健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

    他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

    訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

    最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

    特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

    ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

    ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

    その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。

このページの先頭へ