福井県ケアハウスの就職・転職先を探す方法は?

  • 福井県ケアハウスの求職をする場合、学生であれば、就職指導課で相談しながら、学校に来る求人票を見ることができます。

    卒業生が多く採用されているような施設であれば、先輩から施設の情報を聞き職場を選ぶよい材料になります。

    実習中も、その職場をのぞくいいチャンスです。

    どんな職員がいるのか、勤務体制はどうなのか知ることができます。

    実習先が実習生を気にいって、就職しないかと声をかけられることもあります。

    求人
    すでに、卒業している人や転職で介護士の求職をする場合は、ハローワークや福祉人材センターに登録して仕事を探したり、インターネットで求人を探すなどさまざまです。

    ハローワークでは、福祉職を希望している人のためのセクションが用意されている所もあります。

    福祉人材センターとは、都道府県に所在し、福祉職を特化して探せる職業安定所のようなところです。

    ここを利用する利点は、求人先に問い合わせてすぐに面接というのではなく、一度、職場を見学させてもらい、職場の中の様子を見たり、面接では質問できないことを聞けたりする日を、人材センターを介して設定してもらえるところです。

    職場の様子を面接前にチェックして、自分に合うのか判断するのにとても有効です。

    最近は、インターネットで求人を探す方が増えています。

    インターネットで求人を探すメリットは、『無料』で『あなたの就労条件』を聞き『未公開の多数の求人を紹介』してくれて『面接の準備』から『就職後のケアー』まで、責任を持ってサポートしてくれるところです。

介護士の就職・転職先に求めるモノは明確になっていますか?

  • 介護士の就職・転職をする際に以外と多いのが、現職への不満が募って・・・というもの。

    そういった理由での転職の際には、現職の嫌なところばかりに意識が行ってしまい、現職の良いところを考えることを忘れてしまいがちです。

    人生を左右するかもしれない転職だからこそ、転職後に絶対に後悔しないように、勢いだけで決めるのではなく、

    かならず、「現職のどこが不満なのか?」をひとつひとつ明確にすると同時に、 「現職の良かったところ」もきちんと明確にすることが大切です。

    それらを踏まえて、 次の職場に求める条件を、優先順位を付けて箇条書きにしておくと良いですよ。

福井県 介護の取り組み

  • 福井県介護の具体的な取組内容(参入促進 )

    ・イメージアップや事業所の「見える化」、人材の裾野の拡大により、平成37年までに必要となる介護人材を確実に確保していく。

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

    ・各介護事業所の処遇改善や労働環境の改善、人材育成体制などの情報を「見える化」することにより、若者や求職者に「選ばれる」「安心して働き続けられる」業界への転換を図る。【基金】
    ・介護事業所団体や介護福祉士養成施設などが参加する「県介護人材確保対策協議会」の参画団体と連携・協力し、11月11日の「介護の日」にあわせて、広く県民に対し介護の重要性を啓発する。【基金】
    ・介護の仕事の魅力ややりがいをアピールするガイドブックを作成し、県内の学校に配付してイメージアップを図る。【基金】

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ・小中高生やその保護者、進路指導担当職員を対象とした講演会や訪問説明会、介護施設の職場体験を開催し、介護分野への就業意欲の喚起を図る。【基金】

    中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

    ・老人クラブが中心となった介護予防教室やサロン等の実施を支援。

    その他の「参入促進」の取組

    ・人材の裾野を広げるため、資格取得の支援や、本人の希望や体力に応じたフレキシブルな働き方を可能とする体制づくりを事業所に働きかけることにより、元気な高齢者や主婦の就労を促進する。【基金】

    介護士転職詳細を確認

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

  • 転職支援サービスを使えば理想の転職が現実に!

      ◆介護のお仕事は慢性的な人手不足で、売り手市場です!
      ◆以下にあてはまるなら、転職支援サービスを利用してみませんか?

    • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
    • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
    • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
    • 研修制度の充実した施設に転職したい。
    • 介護士としてもっとキャリアアップしたい。
    • 資格やスキルを十分に評価してくれる職場に転職したい。
    • 将来も長く働ける安定した会社に転職したい。
    • 夜勤手当など手当の充実した会社に転職したい。
    • 人間関係の良好な職場で働きたい。
    • 通勤時間の短い職場に転職したい。
    • 車通勤OKの職場がいい。
    • 自宅に近いエリアで働きたい。
    • 託児所つきの職場で安心して働きたい。
    • 新規オープンの施設でオープニングスタッフとして働きたい。
    • これまでの経験を介護の仕事に活かしたい。
    • ・・・などなど。

      【対象】・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)・老健(介護老人保健施設)・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス) など

      ※介護職・ヘルパー、ケアマネージャー、生活相談員、サービス提供責任者、管理職、機能訓練指導員、看護師、送迎ドライバー、介護事務、医療事務、管理栄養士、家事代行スタッフなどの職種の求人募集があります。

  • サービス提供責任者の仕事内容

    サービス提供責任者 とは

    【仕事の内容】
    在宅において、その方に適切な介護提供が行われているかどうかコーディネートするお仕事

    ①利用申込の受付・契約に関する相談、調整など
    ②介護支援専門員の作成したケアプランに基づいて「訪問の計画」を作る
    ③利用者&家族⇔ヘルパーの調整・管理を行う
    ④訪問ヘルパーを取りまとめる など

    【勤務場所】
    訪問介護事業所

    【必要な資格】
    介護福祉士(国家資格)・実務者研修修了者(厚労省の認定資格)・保健師(国家資格)・看護師(国家資格)・旧介護職員基礎研修(厚労省の認定資格)・旧ヘルパー1級(民間資格) など

  • 未経験でもハードルが低い職場は?

    未経験でも受け入れてもらいやすい職場もある!

    未経験OK!初心者歓迎!受け入れてもらいやすい職場であれば、「デイサービス」や「グループホーム」がおすすめです。

    ※デイサービス(通所介護)は昼間に日帰りで受けられる介護サービスのことです。
    ※グループホームは5~9人のユニット単位で互いに役割を分担しながら、生活をします。比較的軽度の認知症高齢者が利用しています。

    デイサービス(デイケア)では基本的に夜勤がありません。
    認知症の利用者も受入れがあるので、そういったところでは大変ではありますが、寝たきりの人への対応がないため身体的介護が少なく体力的な負担は少ないです。
    また、残業もほとんどないという職場が多いです。

    施設というより「家」のような感覚なので利用者にとっても介護士にとっても自宅にいるような感覚で過ごせます。

    ただ、レクリエーション等で人前で1人で明るく話さないといけない場面があります。
    やっているうちに慣れてくる人がほとんどですが、あがり症の方には少し大変かもしれません。

    グループホームは夜勤こそありますが、認知症も軽度ですしグループ単位で過ごすため利用者の把握がしやすく密接な介護ができます。

    ただ、施設によっては仕事がきつい、介護職員もグループになって動くために人間関係に悩む人も多いようです。

    事前に雰囲気を見学したり、介護専門求人サイトを利用して就業後もサポートしてもらうような体制をとっておくと安心でしょう。

  • 介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

このページの先頭へ